スポンサード・リンク

(´∇`)手関節背屈と主動作筋の話


(・_・;)題名:手関節背屈と主動作筋の話

手関節の背屈(0~70°)

 

主動作筋

●長橈側手根伸筋 ●短橈側手根伸筋 ●尺側手根伸筋

補助筋

●総指伸筋 ●示指伸筋 ●小指伸筋 ●長母指伸筋

 

背屈の制限

●(橈骨手根関節では)舟状骨と橈骨遠位端の接触

●(最終的にはその他の手根関節が)掌側橈骨手根靱帯の緊張

 

CPP and LPP

CPP:最大背屈位

LPP:10~15°屈曲・軽度尺屈位

 

カバンディによると…

背屈の運動範囲は85°である。

このうち・・・

橈骨手根関節の運動:35°

手根中央関節の運動:50°

これは橈骨遠位端が掌側へ10~15°傾斜している為、背屈する舟状骨と橈骨遠位端が衝突して運動が起こらなくなり、橈骨手根関節の運動が制限されるのである。

 

長橈側手根伸筋

起始:上腕骨外側縁の下部、外側上腕筋間中隔

停止:第2中手骨底の背面橈側

作用:手関節の背屈、撓屈

神経:橈骨神経 C5-7

 

短橈側手根伸筋

起始:上腕骨外側上顆、橈骨輪状靭帯

停止:第3中手骨底の背面橈側

作用:手関節の背屈、撓屈

神経:橈骨神経深枝 C5-8

 

尺側手根伸筋

起始:上腕頭:上腕骨外側上顆

尺骨頭:尺骨後縁上部

停止:第5中手骨底の尺側

作用:手関節の背屈、尺屈

神経:橈骨神経深枝 C6-8

(*^。^*)参考文献

実習対策レポート.手関節背屈と主動作筋


スポンサード・リンク