スポンサード・リンク

(^∧^)8月6日火曜日の日記

(◎-◎;)meal(◎-◎;)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、パンとコーヒーを食べました。

晩ごはんは、ハンバーグを食べました。

 

(∋_∈)event(∋_∈)

今日は長く感じる火曜日です。

朝の準備を済ませると、電動自転車にて出勤しました。

暑いです。

午前は病棟で働き、午後は外回りを行いました。

車が暑い。

体が暑い。

夏バテぎみです。

帰宅中暑いです。

子供達をお風呂へ入れて、寝かしつけました。

長男は遊びながら寝ます。

なかなか寝ません。

次男は夜泣きします。

暑い。

ゆっくり寝たい。

 

(⌒‐⌒)health(⌒‐⌒)

みんなゆっくり寝よう。

 

(゜ロ゜;study(゜ロ゜;

今日、ペースメーカーの移植について勉強しよう。

心筋は自動能によって興奮し、心収縮を起こします。

この機能が障害された時、心筋に人工的に電気刺激を与え、心収縮を起こさせるものをいいます。

一時的に体外から刺激を送る方法や、恒久的治療である植え込み術があります。

その目的には、①人工的に心収縮を起こすことにより、有効循環血液量の保持をはかる。②頻脈型不整脈を停止させる。があります。

ペースメーカー植え込み術を受ける患者は、心臓を機械で動かされているというイメージをもち、恐怖感を抱きやすいです。

しかし、その恐怖感を克服して手術を受けなければ死に直結する可能性があります。

また、患者はペースメーカーを植え込んだ体を管理しながら社会復帰し、一生を過ごすことになります。

手術を受ける患者の受けとめ方や、患者自身の社会的背景や価値観についての情報が必要になってきます。

 

(´ω`)count(´ω`)

日記140日目です。

スポンサード・リンク