スポンサード・リンク

(≡^∇^≡)高齢化と自律神経系の話


(*´ー`*)題名:高齢化と自律神経系の話

加齢に伴う身体的・生理的変化が生じ、臓器の機能低下がもたらされることある。

その一つに、心機能や自律神経機能の低下があり、これらの機能低下は高血圧関連疾患や心疾患の予後不良の一囚になっている。

自律神経系は、交感神経系と副交感神経系より構成されており、内臓器官を支配し、生体の恒常性を保つための神経性調節機能をつかさどる。

心臓自律神経活動を評価する非侵襲的方法として、心拍変動が用いられている。

臨床では冠動脈疾患、不整脈、心不全、高血圧などの心血管疾患の診断や予後評価、糖尿病患者の自律神経機能
評価に応用されている。

また、心拍変動解析は、臨床以外においても広く用いられており、睡眠の評価、運動強度の推定、近年では情報化社会における精神作業負担やリラクゼーション効果に関する研究などがあげられる。

 

心拍変動 (HRV) は、心拍の変化を表す尺度です。

通例、ECG トレースまたは動脈圧トレースから、連続する心拍間隔を分析することによって算出されます。

心拍変動解析には様々な方法が提案されていますが、それらは時間領域解析、周波数領域解析、非線形解析の 3 つに大別することができます。

HRV は、循環機能の自律調節活動を表す指標とされています。

また、自律神経系活動のもっとも確実な解析手法とされています。HRV の変化 (多くの場合、減少) は、高血圧、出血性ショック、敗血症性ショックといった様々な病的状態と関連があることが報告されています。急性心筋梗塞後の死亡率の予測因子としても利用されています。

(>_<)参考文献

医療学習レポート.高齢化と自律神経系


スポンサード・リンク