スポンサード・リンク

(*≧∀≦*)手根管症候群の話


「手根管症候群」の画像検索結果

(^_-)題名:手根管症候群の話

手根管内における正中神経の圧迫麻痺で、最も頻度の高い絞扼性神経障害である。

屈筋腱腱鞘炎、手の過度の使用、血液透析後のアミロイドの沈着、妊娠などの全身浮腫、橈骨や手根骨骨折後の変形、ガングリオンなどの腫瘤形成が発症の要因となる。

中年以降の女性に発症することが多く、時に両側性にみられる。

症状は橈側指のしびれや疼痛、時に母指の脱力を訴える。

痛みとしびれは夜間あるいは明け方に強い傾向がある。

正中神経低位麻痺の症状が出現する。

 

診断

麻痺の所見、手関節部の掌側で正中神経を皮膚の上から叩くことにより放散痛が得られる、手関節掌屈位保持による正中神経支配領域の疼痛、あるいはいびれの増強、手関節背屈による症状の増強、正中神経の皮膚の上からの持続圧迫による症状の増強、電気生理的検査での正中神経の終末潜時の遅延などにより行う。

正中神経の近位での圧迫、頸髄神経根障害や糖尿病性神経根との鑑別を要する。

 

治療

軽症あるいは中等度の例では、手関節を中間位に固定する装具を用いたり、ステロイドの局注を行う。

 

外来では良く見る為とても勉強になりますね。

「手根管症候群」の画像検索結果

(・.・;)参考文献

医療学習レポート.手根管症候群


スポンサード・リンク