スポンサード・リンク

(*≧∀≦*)腱板と構成の話


「腱板と構成」の画像検索結果

( ^)o(^ )題名:腱板と構成の話

腱板の構成には、肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋が含まれる。

上腕骨頭と関節窩との間の緩い適合の結果、肩甲上腕関節では広範囲な可動域が可能となる。

そのためそれを取り囲んでいる関節包には運動を制限するような太い靭帯を欠いている。

肩甲上腕関節は安定性を犠牲にして可動性を優先する解剖学的構造になっている。

腱板の基本的機能は肩甲上腕関節における自然の安定性の不十分さを代償することである。

腱板構成筋の遠位付着部は、その近位上腕骨への停止前に肩甲上腕関節包へと合流する。

解剖学的配列により関節周囲を保護するカフが形成される。

腱板によって生ずる力は、上腕骨を自動的に動かすだけでなく上腕骨頭を関節窩に安定させ中心に向ける。

腱板を構成する筋の基本的機能である。

腱板の末梢部分は、たいへん密接に関節包と結合しているので、関節包の上方部分は単なる関節包というよりも関節窩としての形態をしている。

 

大結節の上前方に棘上筋・上後方に棘下筋ぞれぞれ付着するといわれている。

これに対し東京医科歯科大学解剖教室グループは、棘上筋は大結節前方の狭い領域に集中して付着し、その21%は小結節に付着すること、棘下筋は大結節の広範囲に付着し、前方は結節間溝の近くにまで達することを述べている。

「腱板と構成」の画像検索結果

( `ー´)ノ参考文献

医療学習レポート.腱板と構成


スポンサード・リンク