スポンサード・リンク

(≧∇≦)血液・腹膜透析の長所と短所の話


(‘◇’)ゞ題名:血液・腹膜透析の長所と短所の話

■血液透析

◎長所

・腹膜透析より透析の性能が高い。

・透析のない日は比較的自由に過ごせる。

・治療が行える施設が充実している。

・透析機器の操作を患者が行う必要がない。

◎短所

・1回3~5時間の透析を受けるために週2~3回通院しなければならない。

・食事や水分の制限が厳しい。

・ブラッドアクセスが必要である。

・透析時に抗凝固剤を投与するため、出血の危険が高い。

・透析のたびに注射針の穿刺の痛みに耐えなければならない。

・導入直後しばらくの間、不均衡症候群をおこすことがある。

 

■腹膜透析

◎長所

・自分の生活リズムに合わせた透析が可能である。

・食事や水分の制限が血液透析に比べて緩やかである。

・循環系への影響が血液透析に比べて少ない。

・透析時に抗凝固剤の投与が必要ない。

・残存腎機能が血液透析に比して保たれる。

◎短所

・ブラッドアクセスは不要だが、腹腔内へのカテ-テル留置が必要である。

・腹膜炎やトンネル感染の危険がある。そのため、毎日自分でカテ-テル刺入部の消毒をしなければならない。
・入浴時に気を使う必要がある。

・自己管理すべき事柄が多いので、依頼心の強い人には不向きである。

・腹膜透析導入後、数年経過すると腹膜の劣化がおこり、血液透析へ移行せざるを得ない。

現在、このような各々の利点をうまく組み合わせて腎不全の生涯医療を構築しようとする考え方(腎不全の包括的医療)が提唱されており、腹膜透析がその出発点となっている。

※当初腹膜透析で腎不全医療を開始してその後、血液透析へ移行した群は、当初より血液透析のみの群より120ヶ月目までの生存率が高い。

( `ー´)ノ参考文献

医療学習レポート.血液・腹膜透析の長所と短所


スポンサード・リンク