スポンサード・リンク

(≧∇≦)5月14日火曜日の日記

_(^^;)ゞmeal_(^^;)ゞ

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、一平ちゃんの塩焼きそばと菓子パンを食べました。

晩ごはんは、ハンバーグを食べました。

 

>゜))彡event>゜))彡

今日は、長男が一緒に起きてきました。

楽しく朝食をとって、出勤しました。

午前は病棟で働き、午後は外回りをしました。

妻からLINEがあり、幼稚園へ行くのに大泣きしたようです。

起きたときは機嫌良かったのにな。

帰宅時間には、雨が降っていました。

カッパを着て帰っていると、長男のことを考え、カプセルプラレールを買って帰りました。

なんと、ニアが当たりました。

トーマスシリーズのケニア出身ニアです。

今まで、橋やトンネルや貨車しか当たらなかったので嬉しかったです。

帰宅すると、長男はケロっとしていましたが。

ニアを見せてあげると、テンションマックスでした。

雨のなか買いに行って良かったです。

子供達をお風呂へ入れて、寝かしつけました。

すると次男が本領発揮です。

泣き止みません。

妻にバトンタッチして、テレビをゆっくり見ました。

 

(⌒0⌒)/~~health(⌒0⌒)/~~

仕事は、気持ちが疲れます。

 

φ(゜゜)ノ゜studyφ(゜゜)ノ゜

今日は、ネフローゼ症候群について勉強しよう。

臨床症状からつけられた病名であり、大量の蛋白尿、低蛋白血症(低アルブミン血症)及び、しばしば浮腫や高コレストロール血症を伴う症候群と定義されます。

ネフローゼ症候群の病態は糸球体疾患の発症によって糸球体基底膜の著しい透過性が亢進し蛋白尿が出現します。

これによって二次的に高脂血症や血液凝固能亢進が出現し、血漿膠質浸透圧低下基づく、水、ナトリウムの貯留が起こり、浮腫が形成されると考えられます。

臨床的には原発性ネフローゼ症候群と続発性ネフローゼ症候群とに分けられ、成人の約80%が原発性ネフローゼ症候群で占められているが続発性ネフローゼ症候群にも多彩な原因疾患が認められ、最近難治性症例の増加傾向が認められています。

腎臓の最も主要な機能は糸球体における限外濾過と尿細管による再吸収、分泌により生体内部環境の恒常性の維持を図ることにあり、これが生命維持活動の基本に大きく関っています。

腎機能は一度低下した場合、再び正常に戻すことは非常に困難なことが多いです。

ネフローゼ症候群の経過については、ほとんどの症例で先行症状を伴わずに発症し、完全寛解していくものから、再発、増悪を繰り返し難治性のものまで、病態は多彩です。

 

(+_+)count(+_+)

日記56日目です。

スポンサード・リンク