スポンサード・リンク

(⌒‐⌒)内分泌の話


「内分泌」の画像検索結果

(‘ω’)題名:内分泌の話

内分泌とは、腺を持たないで血中等から全身に運ばれる。

●視床下部のホルモン

(放出ホルモン)甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンと抑制ホルモン。副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン。ゴナドトロピン放出ホルモン(卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌促進)。成長ホルモン放出ホルモン。ソマトスタチン(成長ホルモン抑制ホルモン)。プロラクチン抑制ホルモン(乳汁産生抑制ホルモン)

 

●下垂体前葉から分泌されるホルモン

甲状腺刺激ホルモン。副腎皮質刺激ホルモン。卵胞刺激ホルモン。黄体化ホルモン。メラノサイト刺激ホルモン(皮膚の色素沈着)。成長ホルモン。プロラクチン。

 

●下垂体後葉から分泌されるホルモン

オキシトシン(陣痛を起こす)。バソプレッシン(遠位尿細管で水の再吸収の作用をするホルモン。別名:抗利尿ホルモン)。

 

●松果体から分泌されるホルモン

メラトニン(昼夜のリズムを作っている)。

 

●甲状腺から分泌されるホルモン

カルシトニン(骨基質の形成促進)。

注)甲状腺ホルモンが亢進すると腱反射亢進する。

注)甲状腺機能亢進症→基礎代謝亢進、体重減少、体温上昇、心拍数増加、不眠、不安、振戦、腱反射亢進。

注)甲状腺機能低下症→上記の逆+(皮膚の肥厚、腫脹→粘膜水腫、便秘、寒がり、低いしわがれ声、疲労等。)

 

●上皮小体(副甲状腺)から分泌されるホルモン

パラトルモン(カルシウム、リン酸の代謝を調節する。ビタミンDが必要)。

パラトルモン

骨からのカルシウム動員。腎臓でのカルシウムの排泄を抑制。同時にリン酸の排泄を促す。腸管でのカルシウムの吸収を高める。

血中のカルシウム濃度が低下すると上皮小体からパラソルモンが分泌。

注)副甲状腺機能低下症→上皮小体を切除した時に起こる。血中カルシウムの低下、神経や筋の興奮が亢進してテタニー(攣縮)が起こる。

注)ビタミンDの低下は佝僂病。(ビタミンDの欠乏→パラトルモン機能低下→血中カルシウム吸収低下、不足→骨からカルシウムが動員される→骨軟化症→骨の変形O脚等)

 

●副腎皮質から分泌されるホルモン

鉱質コルチコイド(アルドステロン)。糖質コルチコイド(コルチゾール)。糖質コルチコイドはストレスに対応する時にも重要。少量の男性ホルモン(アンドロゲン→テストステロン)。

糖質コルチコイド作用

蛋白の分解。血糖値の上昇。脂肪の分解。

副腎皮質ホルモンは全てステロイドホルモンである。

 

●副腎髄質から分泌されるホルモン

アドレナリン。ノルアドレナリン。

 

●腎臓から分泌されるホルモン

レニン(アルドステロン分泌促進→ナトリウムと水の再吸収が盛んになる)。エリスロポエチン(酸素不足→赤血球新生の促進→多くの酸素運搬が可能)。

 

●膵臓から分泌されるホルモン

B細胞(インスリン→血糖を下げる。)。A細胞(グルカゴン→血糖を上げる)。D細胞(ソマトスタチン)

注)血糖を上げるホルモン→グルカゴン、糖質コルチコイド、アドレナリン、成長ホルモン等。

「内分泌」の画像検索結果

(#^^#)参考文献

医療学習レポート.内分泌


スポンサード・リンク