スポンサード・リンク

(⌒‐⌒)心臓カテーテル検査の話

(#^.^#)題名:心臓カテーテル検査の話

心臓カテ-テル検査とは

 末梢の動脈、あるいは静脈から大血管や心臓内へカテ-テルを挿入し、心臓、大血管内の圧曲線分析、血液ガス分析、心拍出量測定、選択的心臓血管造影法を行ない、心機能、血行動態、形態を調べるものであり、診断の確定や手術の適応の決定、予後の予測等に役立てられている。又、この検査は、心筋生検や電気生理学的検査(ペ-シングスタデイ)、血栓溶解、血管拡張等の治療としても応用されている。手技は、経皮的穿刺法であるセルジンガ-法が用いられており、検査法には右心カテ-テル法と左心カテ-テル法がある。

適応

 1.診断

1)虚血性心疾患

冠動脈造影(CAG)により経皮的冠形成術(PTCA、DCA)あるいは冠動脈バイパス術の適応や部位を決定することができる

2)先天性心疾患

血中酸素濃度のサンプリングや心拍出量から短絡血液量を測定して手術の適応を決定する

3)弁膜疾患

逆流の程度、弁口面積、血行動態を測定して弁置換術の適応をみる

4)電気生理学的検査(EPS)

不整脈の発生源をあきらかにし、伝導の早期興奮回路や伝導途絶部位を確定し、薬剤の適応、伝導短部の切断(アブレ-ション)、ペ-スメ-カ-の適応の決定

5)心筋症、心筋炎

心筋組織(右室)生検

 2.治療

1)冠動脈内血栓溶解療法(PTCR)冠動脈拡張(PTCA)

虚血性心疾患

2)カテ-テルアブレ-ション(電気焼却法)

薬物抵抗性の心室頻拍、WPW症候群に伴う不整脈、上室性不整脈

3)ぺ-スメ-カ-の挿入

アダムスト-クス発作、洞機能不全症候群、房室ブロック、発作性上室性頻拍、上室性頻拍、リエントリ-頻拍

4)大動脈弁拡大(PTAV)

大動脈弁狭窄

5)肺動脈弁拡大術(PTPV)

先天性肺動脈弁狭窄症

6)僧帽弁交連裂開術(PTMC)

僧帽弁狭窄症

主な合併症

 1.副交感神経反射

顔色不良、悪心・嘔吐、徐脈、不安状態、疼痛、血圧低下、ショック

 2.血栓、動脈塞栓症

1)下肢(下肢塞栓症)

下肢の皮膚温、感覚の低下、色の変化、動脈拍動の微弱、四肢の疼痛

2)冠状動脈(狭心症、心筋梗塞)

胸痛、不整脈、悪心・嘔吐、冷汗、血圧低下、脈拍微弱、末梢のチアノ-ゼ

3)脳(脳梗塞)

意識レベルの低下、麻痺、構音障害

4)肺(肺梗塞)

呼吸困難、頻呼吸、胸痛、頻脈

 3.重症不整脈

1)致死的不整脈

心室細動、心拍停止

2)警告不整脈

心室頻拍、心室性期外収縮(多源性、連発性、RonT)、房室ブロック

3)心不全を起こす不整脈

心房細動、心房粗動、発作性上室性頻拍、著明な徐脈

 4.ショック、心不全

欠伸、顔色不良、意識低下、血圧低下、心拍数低下

 5.心タンポナ-デ

胸痛、不整脈、血圧低下、心拍数低下、心拍出量低下、チアノ-ゼ

 6.血管内膜損傷

突然の血圧下降、背部痛

 7.カテ-テル挿入部位の出血、皮下血腫

腫脹、疼痛、頻脈、血圧低下

 8.造影剤の副作用

発疹、掻痒感、発熱、尿量減少、アナフィラキシ-ショック、急性腎不全

 9.感染

発熱、悪心、戦慄、挿入部位の発赤、腫脹、疼痛

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 検査部位が心臓であるため、特に検査に対する不安や恐怖を強く感じていると思われるので、検査前にどんな不安や心配があるかを聞き出し、軽減出来るものであれば軽減しておく。検査中も苦痛や不都合があればいつでも訴えられることを伝えて安心感を与えるようにする。さらに、検査中は同一体位を強いられる為、安楽な体位の工夫をする。
不整脈や狭心症などを誘発し、時には心停止を引き起こす危険性のある検査なので、常に心電図モニタ-や血圧モニタ-、患者の様子を注意深く観察し、迅速に対処する。又、予測される合併症が多く重篤になりやすいことから、検査中は常に細心の注意と観察が必要である。
終了後は、動脈穿刺部より出血し、血腫、血栓による動脈塞栓などをおこさない為に圧迫、止血を充分に行なうと共に穿刺部の皮下血腫や末梢動脈の拍動触知の有無を確認する。さらに止血のため長時間床上安静が必要となる為、充分な観察と安楽への援助が大切である。

(*´з`)参考文献

医療学習レポート.心臓カテーテル検査

スポンサード・リンク