スポンサード・リンク

(“⌒∇⌒”)ラクトフェリンの話


(´・ω・`)題名:ラクトフェリンの話

哺乳動物の乳に多く含まれる多機能たんぱく質である。

特に初乳にたっぷり含まれているのは、免疫効果があるラクトフェリンが生まれたすぐの赤ちゃんを守るためだと言われています。

鉄イオンと結合する性質があることから、ラクト(乳)、フェリン(鉄)と名付けられました。

ラクトフェリンを効率良く摂取するには、食べ物からだけでなくサプリメントで補うとよいでしょう。

その際、胃で溶けずに腸で溶けるよう加工されているものが、よりオススメです。

 

出産した後の母乳に豊富に含まれているというラクトフェリンには、様々な働きがあるとされています。

その働きについては現在でも研究が進められている成分です。

ラクトフェリンは、鉄と結合するたんぱく質です。

免疫力への働きかけ・お腹への働きかけと人間が生活をサポートする欠かせないとても注目の成分なのです。

 

ラクトフェリンは乳中に含まれる鉄結合性の糖タンパク質であり、強力な抗菌活性・抗炎症活性 を持つことから、新生児の生体防御に関与しているとされてきました。

一方、この10年間にラク トフェリンの新機能が次々と発見され、多機能タンパク質として注目を集めています。

(^O^)参考文献

医療学習レポート.ラクトフェリン


スポンサード・リンク