スポンサード・リンク

(“⌒∇⌒”)癌と検査の話


(+_+)題名:癌と検査の話

CT検査(CTスキャン)は、いろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影しコンピュータを使って非常に鮮明な画像を得ることができます。

周囲の臓器やリンパ節転移の有無を調べることができ癌の進行具合を調べるためには重要な検査になります。

MRI検査は、磁場を使っていろいろな角度から体内の詳細な画像を連続的に撮影する検査です。

放射線の被曝がなく超音波検査では見分けの付きにくいがんもMRI検査で診断できる場合があります。

がんの状況、近傍臓器との関係などをよく把握することができるため手術前の検査としては大変価値のある検査になります。

PET検査は、現時点では限られた施設にしかありませんが、細胞分裂の盛んな細胞(癌)はエネルギー(ブドウ唐)を正常細胞よりも多く消費するという性質を利用した画像検査PET(ペット)が行われるようになってきました。

検査ではまず、「フッ素18」という放射性物質を付けたブドウ糖(FDG)を静脈注射します。

他の細胞と比較して異常な速さで増殖するがん細胞は多くのエネルギーを必要とし、ブドウ糖をより多く消費する性質があります。

ブドウ糖はがんの部分に集まり、それだけ放射線を多く放出するので画像で濃く見えるのです。

患者さんの苦痛がないことが大きなメリットです。

(=_=)参考文献

医療学習レポート.癌と検査


スポンサード・リンク