スポンサード・リンク

( ´△`)自閉症と類似疾患の話


「自閉症と類似疾患」の画像検索結果

(@_@;)題名:自閉症と類似疾患の話

①知的障害

コミュニケーション障害

コミュニケーション困難には反応に乏しい場合と逆によく喋る割りに理解が乏しい場合がある。

言語による会話、サインやシンボルによる意思疎通、イエス・ノーによる意思表示、保育者による、行動や表情あるいは筋緊張や不随意運動の変化の読み取り、自律神経の変化(心拍、呼吸リズム、瞳孔、発汗)。

行動異常

常同行動、多動、異食(髪の毛、紙、紐、ボタンなど)、自傷、他傷などをよく伴う

 

②学習障害

通常の知能テストでは評価は悪くないが実際の学校の学習効果が上がらない状態をいう。特に聞く、話す、書く(国語)や計算(算数)で著しい障害を示すことが多い。

IQは70~85以上であり自閉症と比べると非言語的交流はよいといわれている。

基本的障害が、知覚→表象化→象徴化→概念化の流れのなかにある障害と考える方法や、聴覚・視覚認知過程のなかにあると考える方法がある。

除外項目は、精神遅滞、感覚障害、自閉症などである。

 

③多動症候群(注意欠陥/多動性障害)

多動(稀に寡動)、注意集中困難、攻撃性、衝動性、姿勢保持不能、感情(情緒)障害、対人障害(社会性)の障害、不器用など

早期症状

発語遅滞、構音障害、ひとり遊び、視線が合いにくい、落ち着きがない、パニック、周囲の刺激に敏感、睡眠障害、神経学的微徴候、転びやすい、利き手がはっきりしないなど。

発生頻度

わが国での発生頻度は約3%と考えられているが、正確な数字はまだ不明である。

男子が女子より4倍以上多いとされている。

「自閉症と類似疾患」の画像検索結果

(・_・;)参考文献

医療対策レポート.自閉症と類似疾患


スポンサード・リンク