スポンサード・リンク

(*^▽^*)ダウン症候群の話


( ̄▽ ̄)題名:ダウン症候群の話

ダウン症候群は、染色体の21番に過剰な1本(トリソミー)がある。

新生児期には、筋低緊張、Moro反射の減弱、関節の過伸展、平坦な顔面中央部、眼瞼裂斜上、耳介異形成、第5指中節短縮、手掌横断皺などを認める。

その後、開いた口、舌の挺出、知能障害、短頭、内眼角贅皮、鼻橋の低下した小さい鼻などを認めるようになる。

また40%に先天性心疾患を合併する。

知能はIQ 25~50(まれに75)。

母の年齢が高いほど、発生頻度が上がる。

妊婦の羊水検査(羊水分析)による胎児診断が可能。

( ´ ▽ ` )参考文献

実習対策レポート.ダウン症候群


スポンサード・リンク