スポンサード・リンク

(*^▽^)延髄内側梗塞の話


( ´ー`)題名:両側延髄内側梗塞の話

両側延髄内側梗塞症例の中に、発症時軽微ながら進行し重篤な転帰を辿るものが少なからず存在する。

しかし臨床像、MRI を含めた補助検査による、予後予測は未確立である。

従来は両側延髄内側梗塞の病巣分布は、前方に限局または前方から後方に連続性に広がるものや、heart appearance signが言われていた。

延髄梗塞はさまざまな病巣分布を示す。

延髄内側梗塞は一般的には前方限局や前方から後方にかけての連続性病変となる。

剖検により診断が確定されるとが多かった時代、両側延髄内側梗塞は予後不良とされていたが、拡散強調画像出現以降は生存例の報告が多い。

しかし、重度後遺症を残すことがあり、予後が改善したとはいえない。

予後不良因子は延髄中・下部の舌下神経核が障害され嚥下障害を来すこと、両側性病変であること、高齢であること、入院時重度の運動障害があることが言われているが、梗塞巣の大きさや部位は予後との関連はみられない。

血管病変との関連について、椎骨動脈から脳底動脈合流部にかけての動脈硬化性病変が存在すると病巣が広範になると報告される。

両側延髄内側梗塞で両側椎骨動脈から脳底動脈合流部に狭窄・閉塞病変がある例では予後不良と報告される。

勉強になります。

(^o\)参考文献

Kim JS, Han YS: Medial medullary infarction: clinical,imaging, and outcome study in 86 consecutive patients.Stroke 40: 3221–3225, 2009 [Medline] [CrossRef]

Shono Y, Koga M, Toyoda K, et al: Medial medullary infarction identified by diffusion-weighted magnetic resonance imaging. Cerebrovasc Dis 30: 519–524, 2010[Medline] [CrossRef]

Toyoda K, Imamura T, Saku Y, et al: Medial medullary infarction: analyses of eleven patients. Neurology 47:1141–1147, 1996 [Medline]

Kim JS, Kim HG, Chung CS: Medial medullary syndrome. Report of 18 new patients and a review of the literature. Stroke 26: 1548–1552, 1995 [Medline] [CrossRef]

Kameda W, Kawanami T, Kurita K, et al: Lateral and medial medullary infarction: a comparative analysis of 214 patients. Stroke 35: 694–699, 2004 [Medline][CrossRef]

Maeda M, Shimono T, Tsukahara H, et al:Acute bilateral medial medullary infarction: a unique‘heart appearance’ sign by diffusion-weighted imaging. Eur Neurol 51:236–237, 2004 [Medline] [CrossRef]

豊増麻美,塩山実章,下野太郎ら:‘Heart appearance’を示した両側延髄内側梗塞.神経内科 65:316–317, 2006


スポンサード・リンク