スポンサード・リンク

(*^▽^*)心不全の話


(^ム^)題名:心不全の話

 心臓の種々の機能障害により心臓が全身の組織(臓器)の需要に対する十分な血液を駆出できなくなった状態。心機能低下によるものを低拍出性心不全(大半の心不全)、全身臓器の需要の増大によるものを高拍出性の心不全(貧血、甲状腺機能亢進症など)という。

病態分類

1.障害部位別による分類

 1)左心不全

左心機能障害により、左室拡張期圧の増加が生じ、左房圧の上昇、次いで肺静脈圧および肺毛細血管の上昇が起こり、肺静脈のうっ血をきたし、血管壁から体液が漏出する。この体液が肺の間質に貯留した場合を間質性肺水腫(肺うっ血)、肺胞に貯留した場合を肺胞性肺水腫(肺浮腫)という。

 2)右心不全

右心機能障害により、右室拡張期圧および容量の増加が生じ、右房圧の上昇、次いで体静脈系の圧および体毛細血管圧の上昇が起こり、体静脈系のうっ血をきたし、内臓への血液量の増大や体組織内への体液の漏出をもたらす。

 3)両心不全

慢性の左心機能低下では、左心不全に右心不全を合併する場合がある。

2.重症度による分類

NYHA(New York Heart Association)の心機能分類

Ⅰ度

日常生活にまったく支障をきたさないもの。

Ⅱ度

日常生活に軽い支障をきたすもの。安静時には無症状であるが、日常生活において、易疲労感、動悸、呼吸困難、狭心症状の生ずるもの。

Ⅲ度

日常生活に著しい障害をきたすもの。安静時には無症状であるが、日常生活以下の労作においても、易疲労感、動悸、呼吸困難、狭心症状を生ずるもの。

Ⅳ度

いかなる日常生活労作においても障害を生ずるもの。安静時においても心不全症状あるいは狭心症状を呈する。いかなる軽度の労作によっても、症状が悪化するもの。

症状

1.自覚症状

1)呼吸困難(安静時、労作時、夜間発作性、起坐呼吸)

2)咳嗽、喀痰(ピンク状の泡沫痰が特徴)

3)浮腫

4)消化器症状(悪心、嘔吐、便秘、食欲不振など)

2.身体所見

1)視診

  チアノーゼ、網状皮斑、浮腫、腹水、顔色不良、冷汗、頻呼吸、頚動脈怒張

2)触診

  四肢冷汗、浮腫、肝腫大、腹水、頻脈、不整脈

3)聴診

  肺湿性ラ音、Ⅲ音、Ⅳ音、心雑音、頻脈、不整脈、腸蠕動音の低下

検査

心電図検査、胸部X線検査、血液検査、動脈血液ガス分析、ホルター心電図、心エコー
心臓核医学検査、冠動脈造影法、血行動態検査(スワンガンツカテーテル)、CT、MRI

治療

 治療の基本は原因の治療と誘因の除去

  1. 安静
  2. 酸素投与(必要時挿管し、人工呼吸管理)
  3. 水分制限
  4. 食事療法
    急性期 禁食
    慢性期 塩分制限
  5. 薬物療法
    急性期 ルート確保の上以下の投与
    ループ利尿薬(ラシックス)の投与
    血管拡張薬(ニトロール)の持続投与
    塩酸モルヒネ(不安の軽減、鎮静、末梢血管拡張薬による前負荷軽減)
    カテコールアミン製剤
    慢性期 ループ利尿薬の経口投与
    カリウム保持性利尿薬の経口投与
    ジギタリス製剤
    ACE阻害薬
    硝酸薬

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 急性期には生命の危機が大きいため、異常の早期発見と生命の危機からの脱却に最大の関心を払う必要がある。またこの時期には心臓への負担や酸素消費量を抑えるための安静の必要があり、安静に伴う苦痛の軽減、治療に伴う苦痛の軽減が必要となる。患者の苦痛には生命危機への不安、慣れない環境への不安、家族との分離に伴う不安などがあり、患者の気持ちの受容に努めるとともに、不安を抱える家族への援助も必要である。慢性期においては退院に向けて患者自身が病気を理解し、リスクファクターを認識し、心不全を悪化させないようセルフケアを行えるように指導を行い、家族の協力も得られるように援助していかなければならない。

((+_+))参考文献

医療学習レポート.心不全


スポンサード・リンク