スポンサード・リンク

(^◇^)反射と反応の話


(/_;)題名:反射と反応の話

モロー反応 0~4ヶ月 背臥位で後頭部支え、急激に手を離す→上肢の伸展、外転、後に上肢内転
ガラント反射 0~2ヶ月 腹臥位空中支持、脊椎側方を指でこすり刺激→刺激側へ体幹側屈
踏み直り反射 0~16ヶ月 空中支持、足背テーブル端に接触→下肢屈曲し、テーブルの上に
足踏み反射 0~2ヶ月 空中支持、足底を床に接触→両下肢で足踏み運動
手掌把握 0~3ヶ月 手掌尺側より棒を挿入→手指屈曲し、棒を握る
足趾把握 0~9ヶ月 足底の足趾部を擦る→足趾屈曲
交差性反射交差性伸展反射交差性屈曲反射 0~2ヶ月 一側の足底を擦る→その下肢屈曲、他側下肢伸展
緊張性頚反射非対称性緊張性頚反射

対称性緊張性頚反射

0~4ヶ月

0~6ヶ月

背臥位  頭部回旋→顔面側上下肢伸展、他側上下肢屈曲四つ這い 頭部後屈→上肢伸展、下肢屈曲

頭部前屈→上肢屈曲、下肢伸展

緊張性迷路反射 0~4ヶ月 背臥位→四肢伸展、腹臥位→四肢屈曲側臥位→上側の上下肢屈曲、下側の上下肢伸展頭部側方傾斜→傾斜側伸展と反対側屈曲

頭部後傾斜→前肢屈曲と後肢伸展

支持反応陽性支持反応

 

陰性支持反応

一肢の足底に軽い圧力を加えると、その肢の屈筋、伸筋が同時に収縮して関節が固定され、肢は棒のようになる。陽性支持反応が陰性である。
ランドウ反射 4~12ヶ月 腹臥位にて空中で支える。頭部、脊柱、下肢が伸展する。頭部を屈曲させると、股、膝、肘の屈曲が生じる。

 

・平衡、姿勢などの反射(月数以降、生涯続く反射、反応)

下肢伸展反射パラシュート反射

 

バランス反応

6ヶ月~

 

6ヶ月~

垂直位置で急激に下方へ→両下肢伸展外転、足趾開排、腹臥位空中支持突然頭部を床に近づける→上肢伸展腹臥位、背臥位、坐位、四つ這い、立位など
立ち直り反射眼からの立ち直り反射体幹からの立ち直り反射

迷路からの立ち直り反射

頭部からの立ち直り反射

頭部に作用頭部・体幹・四肢に作用

頭部に作用

体幹に作用

伸張反射 腱反射
屈曲反射 逃避反射、侵害受容反射、腹壁反射

 

・統合レベル

脊髄:伸張反射、陽性支持反射、屈曲反射、交叉性伸展反射

延髄:緊張性頚反射、陽性支持反応

脳幹:緊張性迷路反射、体・迷路・頚部からの立ち直り反射

大脳皮質:眼からの立ち直り反射、跳び直り反応、踏み直り反応

 

・除脳動物

視床動物:皮質除去      立ち直り反射・反応有り

中脳動物:赤核上方で除脳   立ち直り反射・反応有り

延髄動物:陽性支持反応    四肢で立つこと可

脊髄動物:交叉性伸展反射

(=_=)参考文献

医療学習レポート.反射と反応


スポンサード・リンク