スポンサード・リンク

(^◇^)腎と機能構造の話


(^O^)題名:腎と機能構造の話

腎は、からだの背側で横隔膜の直下にある大きなソラマメのような形の臓器で、片方の腎の重さは約160g ある。

腎を縦に切ってみると外側の皮質と内側の髄質が区別され、髄質よりさらに内側に、生成された尿が放出される腎孟があり、これは尿管に続いている。

腹大動脈から分れた腎動脈は、腎錐体の間を上がって皮質と髄質の間を弓状に走り(弓状動脈)、そこから皮質に向けてほぼ直角に枝を出す(小葉間動脈)。

小葉間動脈から分かれた枝は細動脈(輸入細動脈)となり腎小体へ入って糸球体をつくる。

糸球体は毛細血管が糸まり状になったもので、この糸球体毛細血管が集まって、腎小体を出るときは再び細動脈(輸出細動脈)となっている。

糸球体は、ボーマン嚢にすっぽり囲まれており、このボーマン嚢は尿細管に続いている。

腎小体は、糸球体とボーマン嚢をあわせた部分のことで、ここで血漿のろ過が行われる。

ボーマン嚢中へろ過された血漿のろ液(糸球体ろ液)は尿細管中へ運ばれる。

尿細管はまず皮質部で曲がりくねって近位尿細管となり、続いて髄質に伸びてヘアピンのように折れ曲がったヘンレのループ(係蹄)となる。

ヘンレのループは、近位尿細管より細くなって髄質へ直進する下行脚と,髄質で折り返して皮質へ向かう上行脚の2 つの部分からなる。

ヘンレのループの上行脚の途中から尿細管は再び太くなっている。

皮質に至ると再び曲がりくねって遠位尿細管となり、その尿細管が出た腎小体の輸入細動脈の近くを通ってから集合管へ入る。

集合管は皮質から髄質に向かい、腎孟に連なる。

輸出細動脈となって腎小体を出た血管は再び毛細血管となり、近位尿細管、遠位尿細管を取り巻くほか、直血管となって髄質内へ深く進み、再び折り返すものもある。

毛細血管は集まって弓状静脈となり、さらに腎静脈となって腎から出ていく。

腎小体とそれに続く尿細管が、腎における尿生成の機能的単位となっており、これをネフロン(腎単位)と呼ぶ。

左右の腎にそれぞれ約100 万のネフロンがある。

尿は、糸球体ろ液が尿細管,集合管を流れる間にろ液の成分の一部が管壁から再吸収されたり、血液の成分や管壁の細胞が産生する物質が管内に分泌されたりして生成される。

(*´д`*)参考文献

医療学習レポート.腎と機能構造


スポンサード・リンク