スポンサード・リンク

(^◇^)腰椎椎間板ヘルニアの話


「腰椎椎間板ヘルニア」の画像検索結果

(^ム^)題名:腰椎椎間板ヘルニアの話

脱出した椎間板組織が神経根を圧迫して腰・下肢痛を引き起こす代表的な疾患である。

好発年齢は20歳代、30,40歳代、次いで10、50~60歳代の活動性の高い男性に多い。

好発部位はL4-5椎間板、次いでL5 –S椎間板である。

L3-4とそれより上位の椎間板ヘルニアは稀である。

 

他覚的所見として、

①疼痛性跛行

かばうように手を腰にあてたり、上体をかがめ片側の膝を曲げたりして歩く。

②疼痛性側弯と脊柱不撓性

立位で腰椎は前弯が消失し腰背筋が硬く緊張している。

疼痛回避性の側弯を呈することが多い。

またか刺痛がある側への側屈と伸展が制限され、同様に下肢痛が誘発される(Kemp徴候)。

ときに腰部が板状となり、脊柱に可動性のない状態、すなわち不撓性がみられる。

③下肢伸展挙上テスト:SLRまたはラセーグ徴候

急性期では挙上可能の角度が30度以下の場合が多い。

本テストの陽性はL4-5、L5-Sのヘルニアを強く示唆する。

④大腿神経伸展テスト

本テストの陽性はL2,3あるいはL4神経根の障害を意味し、それぞれL1-2、L2-3あるいはL3-4椎間板ヘルニアを強く示唆する。

L4-5椎間の椎間孔内、椎間孔外ヘルニアによるL4神経根圧迫でもようせいになる。

⑤Valleix圧痛点

坐骨神経の走向に一致した坐骨切痕、大腿・下腿面中央部で陽性のことが多い。

⑥知覚障害

下腿前外側~足背の知覚障害はL5神経根障害を下腿外側、足部外側の知覚障害はS1神経根障害を意味し、それぞれL4-5、L5-S椎間板ヘルニアを強く示唆する。

大腿前外側~下腿内側の知覚障害はL4神経根障害を意味し、L3-4椎間板ヘルニアを強く示唆する。

⑦深部腱反射の低下

L5神経根の圧迫では通常、深部腱反射の異常は出現しない。

アキレス腱の低下~消失はS1神経根障害を、膝蓋腱反射の低下~消失はL2-4神経根障害を示唆する。

⑧下肢筋力低下

通常、腱反射の低下より遅く出現する。

L4神経根障害では足内反力低下、L5神経根障害では足趾背屈力低下、S1神経根障害では足外反と足底屈力低下となる。

「腰椎椎間板ヘルニア」の画像検索結果

(・.・;)参考文献

医療学習レポート.腰椎椎間板ヘルニア


スポンサード・リンク