スポンサード・リンク

(◎-◎;)4月18日木曜日の日記

(^O^)meal(^O^)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、パリーネでパンをテイクアウトしました。

晩ごはんは、お好み焼きを食べました。

 

(´Д`)event(´Д`)

朝はゆっくり寝て、妻子より遅く起きました。

朝ごはんを食べてのんびりしていると、子供の幼稚園バスがくる時間になりました。

妻が上の子を幼稚園バスへ、私は下の子をだっこしながら出勤準備をする。

非常勤の仕事を午前中に終わらして、スーパー銭湯へ行きました。

ついでに散髪もしました。

スーパー銭湯は月1回行っているが、2回は行きたいな。

スーパー銭湯を後にして、GEOにコミックレンタルしに行きました。

恒例ののアルキメデス大戦を借りました。

家に帰ると、洗車をしました。

いつもと違う内側も洗いました。

妻子が帰って来たので、子供と三輪車で公園に遊びに行きました。

相変わらず、三輪車は赤い彗星のような速さです。

ちなみに、三輪車の色は赤ではなくオレンジです。

晩ごはんは、お好み焼きを私が焼きました。

私のお好み焼きは、中華麺入りで、妻子のお好み焼きは、チーズ海苔が入っています。

今日から、子供二人とも私がお風呂へ入れます。

久しぶりに赤ちゃんを風呂へ入れたので緊張しました。

風呂を出た後は、子供達は眠そうでした。

私はのんびりコミック読んだりテレビ見たりして過ごしました。

 

(_ _)health(_ _)

スーパー銭湯へ行って大分と疲れが取れました。

 

(^0_0^)study(^0_0^)

今日は、リウマチ熱について勉強しよう。

リウマチ熱は自己免疫機序で心臓、関節、皮下などの結合織に炎症性病変をつくる疾患です。

本症の自己免疫的機序は、溶連菌の抗原であるM蛋白と心筋の間に共通抗原があり、溶連菌に対する抗体が心筋の成分と抗原抗体反応を起こし病変をつくるといわれています。

リウマチの炎症性病変は、結合織の膨化と血管結合織の増生とフィブリノイド変性が主です。

5~15歳に多く見られます。

リウマチ熱の症候は、溶連菌感染による症候、リウマチ心炎の症候、多発性関節炎の症候、皮膚病変および脳病変からくる症候からなります。

リウマチ性心炎は心内膜炎、心筋炎、心膜炎のいずれも起こり、心炎の形をとります。

組織学的病変は著明であるが、臨床症状に乏しく、ときに胸痛、胸内苦悶、動悸を訴え、心電図ではPQ時間の延長がみられる。

関節の病変は、多発性関節炎の形をとり、関節の発赤、腫脹、熱感、関節痛などが認められ、肩、肘、股、膝などの大関節を侵し、2箇所以上の関節を移動性に犯すが、後遺症を残すことなく治癒します。

皮膚の病変は多発性紅斑、輪状紅斑、皮下結節などがみられます。

脳では線条体、視床、歯状核の血管周囲に小病変がみられ、臨床的には小舞踏病を示します。

小舞踏病は無目的な迅速な不随意運動であり、四肢、躯幹、顔面筋に多く見られます。

リウマチ熱の主要症状は心炎、多発性筋炎、小舞踏病、輪状紅斑、皮下小結節です。

ASLO値の上昇あるいは咽頭培養によりA群溶連菌が証明されれば本症と診断される。

リウマチ熱の治療は、溶連菌感染の治療と後遺症の予防を行い、溶連菌感染に対しては、ペニシリン療法を行います。

後遺症予防のために、副腎ステロイド剤とサリチル酸製剤が用いらます。

 

(;´д`)count(;´д`)

日記30日目です。

スポンサード・リンク