スポンサード・リンク

(●^o^●)小脳の話


(*´з`)題名:小脳の話

小脳は延髄と橋の背側にあり、第4脳室をおおっている。

小脳は小脳皮質と小脳核とに分かれる。

外見上は左右の小脳半球と中央の虫部になる。

皮質と核の結合からは、縦軸方向に正中、傍正中(傍虫部)、半球に分けられる。

発生的には横軸の区分があり、最も古い古小脳、新しい新小脳、中間の旧小脳となる。

小脳は上・中・下の3小脳脚で脳幹と結合している。

下小脳脚には求心性・遠心性線維があり、脊髄と延髄から情報を受けている。

小脳皮質は主に神経細胞からなり、厚さ約1mm、分子層、プルキンエ細胞層、顆粒層の三層構造を示す。

分子層には星状細胞と籠細胞、顆粒層には顆粒細胞とゴルジ細胞がある。

小脳への入力には苔状線維、登上線維の2種類がある。

多くの小脳入力は苔状線維で、顆粒細胞とゴルジ細胞に連なる。

これら細胞の線維が分子層でプルキンエ細胞樹状突起に、オリーブ核からの入力は登上線維となってプルキンエ細胞に連なる。

プルキンエ細胞の軸索は小脳核に抑制シナプスを形成する。

 

小脳は後脳の背側部から生じ、後頭蓋窩におさまる。

小脳は中央部の虫部とその左右に広がる小脳半球からなる。

小脳は小脳溝のうち、特に深い切れ込みによって3葉に分かれる。

A 片葉・小節葉

小脳の下面中央部を占める狭い部で、前葉と後葉の間に挟まる。

小脳小舌と虫部後方の小節およびその両側の片葉からなる。

これらは系統発生的に最も古い原始小脳で、前庭神経核と機能的に結ばれている(前庭性小脳)

B 前葉

小脳の全半部を占めている。

上面の小脳第1裂、下面の片・小節葉によって後葉と境される。

前葉のうち虫部は小脳小舌を除いて、小脳中心小葉および山頂からなる。

一方、半球部は四角小葉からなる。

これらは後葉の虫部錐体・虫部垂と共に系統発生的に比較的古い古小脳で、筋・関節からの固有知覚を伝える脊髄小脳路を受けている。(脊髄性小脳)

C 後葉

小脳の後半部を占めており、小脳第1裂と片葉・小節葉によって前葉と境される。

後葉のうち虫部下方をなす虫部垂と虫部錐体は古小脳に属する。

一方、虫部上面をなす山腹、虫部葉および虫部隆起は新小脳に属する。

後脳は随意運動を調節するため、橋核を介して大脳皮質から脊髄小脳路を受けている(橋視蓋性小脳)

上小脳脚 : (小脳赤核路・小脳視床路)

中小脳脚 : (皮質橋核小脳路)

下小脳路 : (前庭小脳路・後脊髄小脳路・オリーブ小脳路)

( *´艸`)参考文献

医療学習レポート.小脳


スポンサード・リンク