スポンサード・リンク

( ☆∀☆)肺癌の話


(・∀・)題名:肺癌の話

近年肺がんは増加の傾向をたどっている。

リンパ行性に所属リンパ節に血行性に肝・脳・骨・副腎などに転移する、また直接肺内や胸膜に広がる。

肺への影響:気管支の閉塞、抹消の無気肺、二次的感染による気管支肺炎、膿瘍、壊疸がみられ患者は呼吸困難を訴える。

 

【腺癌】

末梢部に腫瘍をつくり肺門に向かって気管支に沿って発育する。

非喫煙者や女性に多くみられる。

予後は悪い。

全肺癌の約40%。

 

【扁平上皮癌】

気管支上皮の扁平上皮化性に関連して発生する癌。

喫煙や大気汚染との関連が指摘されている。

高齢の男性に多い。

 

【腺扁平上皮癌】

腺腔構造を明らかに形成する腺癌の部分と明瞭な角化巣を伴う扁平上皮癌の部分とが同一巣内に認められるもの。

 

【大細胞癌】

各型の特徴を持たない肺がんの総称 臨床病理学的特徴も一定でない。

(巨細胞癌)多型性の強い癌細胞からなり多数の単核または多核の巨細胞を認める。予後は極めて悪い。

 

【小細胞癌】

肺門部に円形の結節を作り、早期からリンパ節や全身に転移することが多い。

予後は最も悪い。

 

  頻度   部位 喫煙との関連 放射線・化学療法感受性
腺癌  30~40% 末梢>中枢   小   小
扁平上皮癌  30~40% 中枢>末梢   大   中
小細胞癌  10~15% 中枢>末梢   大   大
大細胞癌   5~10% 末梢>中枢   小   小

(*゚∀゚*)参考文献

医療学習レポート.肺癌


スポンサード・リンク