スポンサード・リンク

(。>д尿路結石の話


「尿路結石」の画像検索結果

(ー_ー)!!題名:尿路結石の話

安静臥床により、腎血流が増え、尿量は増加する。

その結果、カルシウムとリン酸の尿中排泄が増加し、そのために尿路結石が形成される。

疼痛、血尿、結石排出が3主徴である。

結石形成により、細菌の増殖が生じやすくなり、尿路感染症をきたしやすくなる。

加えて、腎孟や尿管からの尿の排泄は重力下でないと制限されるため、安静臥床による尿のうっ滞も結石の形成をさらに促進する。

膀胱に尿がうっ滞すると、尿を分解する細菌の繁殖が起こりやすくなり、アンモ二アが増加、尿中のpHが上昇するため、カルシウムとリン酸が沈殿し、膀胱結石が生じる。

神経因性膀胱は、尿路感染と結石形成の悪循環をさらに悪化させる要因となる。

尿路結石は、尿検査、腎尿管膀胱単純撮影(KUB)、排泄性腎孟造影(DIP、IVP)、CTスキャン、超音波エコー検査で診断される。

 

多くの場合自然に排出され、X線検査により確認される。

自然排出されない結石は手術適応である。

最近は衝撃波結石破壊術が実用化されている。

結石形成の機序を探求し、水分を十分に筒取することによって予防することが大切である。

予防のためには、十分な水分摂取とビタミンCの服用による尿の酸性化が推奨される。

また、立位や座位で排尿することによって、完全に膀胱を空にすることができる。

留置カテーテルは、細菌感染や結石形成の原因となるので、できるだけ除去すべきである。

「尿路結石」の画像検索結果

(#^^#)参考文献

医療学習レポート.尿路結石


スポンサード・リンク