スポンサード・リンク

(。^。^。)コンドロイチンの話


( ´艸`)題名:コンドロイチンの話

軟骨成分の補給がお肌に影響を与える。

実は、コンドロイチンは関節のほか皮膚にも多く存在している成分である。

コンドロイチンは肌の真皮の7割を占めるコラーゲンに精を与えている。

肌のハリがなくなったり、シワが気になるようになったのもコンドロイチン不足が原因かもしれない。

コンドロイチン、グルコサミン、コラーゲンの補給は、関節と肌に一石二鳥の作用があるのです。

 

関節にある軟骨で、最も重要なものが「プロテオグリカン」と呼ばれる成分で、これが軟骨内で、水分を溜め込むスポンジの役割をし、クッションとなる事で、膝などの関節を保護しています。

また、軟骨には血管が無いため、この水分から栄養を受け取っています。

不足すると、軟骨は栄養失調となり、痩せこけてもろくなってしまいます。

つまり、軟骨を再生させるには、軟骨の減少を防ぎ、生成する必要があります。

コンドロイチンは大きく以下の2つの作用で、軟骨を再生します。

プロテオグリカンの材料となり、新たな生成を促進。

軟骨に水分とともに栄養を届け、丈夫な軟骨を生成。

また、コンドロイチンは、関節に対して下記のような効果も持っています。

不要な血管新生を抑制し、軟骨の変形や破壊を防ぐ。

軟骨分解酵素を阻害したり、現在ある軟骨が早期分解されるのを防ぐ。

加齢に伴って起こる軟骨細胞の死滅を防ぐ。

ヒアルロン酸の合成量を増加し、関節の潤滑油を濃くして衝撃を吸収する。

(⌒▽⌒)参考文献

医療学習レポート.コンドロイチン


スポンサード・リンク