スポンサード・リンク

(。・_・。)ノ7月19日金曜日の日記

(-_-)meal(-_-)

朝ごはんは、トースト2枚と牛乳を食べました。

昼ごはんは、パンと缶コーヒーを食べました。

晩ごはんは、冷やし中華を食べました。

 

(o^O^o)event(o^O^o)

今日は朝から雨です。

朝の準備を終え、カッパをきて電動自転車で出勤しました。

職場へ着くとジーンズはずぶ濡れでした。

午前は病棟で働き、午後は外回りを行いました。

新規の患者さんはいい人です。

体調を崩している患者さんは、今日も調子が悪いです。

仕事を終え、帰宅しました。

帰りにコーラと柿ピーとアイスを買いました。

炭酸とおつまみ系は定番になりそうです。

家に着くと子供達を風呂へ入れて、ご飯を食べました。

子供達を寝かしつけて、ゆっくりテレビを見ながらおやつを食べました。

 

( ・∋・)health( ・∋・)

雨の日はおやつを食べます。

 

(´・д・`)study(´・д・`)

今日は、マーガリンについて勉強しよう。

液体の植物性油を、マーガリンのように半固形状態に変化させるためには水素添加などの化学反応を行います。

このとき、自然界に存在しない形の化合物(立体異性体トランス型やエライジオン酸)ができ、こ れが人体の中で正常に代謝することができず、動脈硬化の原因となるようです。

油を安定化させるためにも添加物が必要です。

正確なメカニズムには異論があるとしても、心筋梗塞等が10%上昇するのは統計的にはっきり した事実です。

子供たちの将来を考えると、重大な健康障害がゆっくり進んでいるかもしれません。

なお、厚生省の栄養指針は古く、また、他の栄養素との整合性のため、いまだにマーガリン推進です。

また、以前はリノール酸が体によいといわれていましたが、リノール酸も15年くらい取り続けると、死亡率を上げることが実証され、リノレイン酸やDHA・EPAを取るように推奨されてきています。

これらが、学校給食に反映されていません。

マーガリンに含まれる「トランス型脂肪酸」が心臓病を誘発します。

マーガリンのネズミは約310日後にすべて死亡しました。

バターのネズミはこの時点で8割弱が生き残りました。

 

(ToT)count(ToT)

日記122日目です。

スポンサード・リンク