スポンサード・リンク

(。-∀-)インフルエンザの話


(~_~;)題名:インフルエンザの話

インフルエンザの症状は、一般的に発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が現れている。

タミフルやリレンザは、発症後48時間以内に効果が期待できる。

ロキソニンは風邪やインフルエンザである治療法ではありません。

解熱鎮痛剤、または炎症を減らす薬です。

インフルエンザは、基本的には自然治癒である。

日数を短縮するためにリレンザとタミフルを服用する。

咳と鼻づまり喉の痛みのための体力の消耗を低減するために、それぞれの薬を処方されることがあります。

 

インフルエンザワクチンについてはいろいろな考え方があり、日本では1994年から定期の予防接種からはずされたため(欧米では老人や慢性疾患を持つ患者さんなどを中心に広く接種が行われており、日本でも数年以内に危惧されている大流行に備えてワクチンの供給体制は整えられつつありますが)、極端に接種率は低下してしまいました。

インフルエンザは、毎年その年の冬に流行すると思われる型を予測し、それに基づいてワクチンを作っておりますが、予測がはずれるとあまり効果があがらないのと、ウイルスが微妙にその形を変えること、さらには、ワクチンの接種で血中に抗体はできるものの、ウイルスが侵入する鼻腔内粘膜や上気道における抗体の量は多くならないなどのため、十分な効果が発揮できないのではと言われております。

しかし、ここ数年予測の精度がどんどんあがってきており、型が少しずれても全く効果が出ないわけではありませんし、発症は防げなくても重症化は防ぐことができ、その効果は70%ぐらいと言われています。

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.インフルエンザ


スポンサード・リンク