スポンサード・リンク

(。-∀-)胃癌の話


(=_=)題名:胃癌の話

統計的に胃癌はどんな特徴をもっていますか?

日本人の食生活の変化、癌検診の普及、早期発見・治療の進歩により、胃癌の死亡率は年々減少し、男性の癌死亡率の中では肺癌に次いで2位になりましたが、女性では1位です。胃癌は全癌の17.4%を占めております。

胃癌の症状はどのようなものですか?

早期胃癌では殆んど症状がありませんが、消化不良、胃部不快感、膨満感、嘔気、食欲不振、胸焼けなどがみられることもあります。進行すると血便、嘔吐、体重減少、胃痛、腹部腫瘤の触知などがみられます。

胃癌の危険因子を教えて下さい?

ヘリコバクター・ピロリ菌の感染、高齢者、男性、喫煙者、塩分の多い食べ物、萎縮性胃炎などが胃癌の危険因子です。

胃癌の5年生存率はどのようになっていますか?

胃癌の病期は病期0、病期I、病期II、病期III、病期IVに分類します。病期0は早期胃癌で胃の粘膜下層までにとどまる浅い癌で、5年生存率はほぼ100%です。国立がんセンター中央病院の統計によると5年生存率は、I期では91.6%、II期では77.1%、III期では46.1%、IV期では8.6%です。

(p_-)参考文献

医療学習レポート.胃癌


スポンサード・リンク