スポンサード・リンク

(。-∀-)運動学習の話


(=_=)題名:運動学習の話

運動学習は、運動制御のように知覚,認知,そして活動を含めた複雑な過程から出現する。

運動学習は、個人に対する課題と環境との相互作用の結果として生じる。

非連合学習は、生体が単一の刺激を繰り返されたときに生じる。結果的に神経系は、その刺激の特性について学習する。

慣れと感作は、非常に単純な非連合学習の形式である。慣れは非侵害刺激が繰り返された結果起こる反応の減少であり、感作は脅迫的もしくは侵害刺激に伴って増大する反応である。

連合学習では、ある刺激と別の刺激との関係(古典的条件付け)か、もしくは自分の行動とその結果との関係(オペラント条件付け)を予測することを学習する。

古典的条件付けは、2つの刺激を対にすることを学習することからなる。オペラント条件付けでは過去に行ったことのある多くの応答の中から、ある応答をある結果と関連付けることを学ぶ。

手続き学習は、注意もしくは意識的に考えることなく、習慣のように自動的に行うことが出来る学習課題をいう。

宣言的学習は、意識的に思い出すことが出来る知識であり、覚醒,注意,思考などのような過程を必要とする。

運動制御の相異なる理論には、Adamsの運動制御の閉ループ理論,Schmidtのスキーマ理論,FittsとPosnerの運動学習段階理論,そしてNewellの探索学習理論がある。

古典的回復は、自然回復と、神経機構に影響を与えるよう意図された特殊な治療を介して得られる強制回復とに分けられる。

損傷前の環境の豊かさが脳損傷後のある特定の脱落症状から動物を守るということが、実験により示されている。

損傷後の訓練は、それが障害の直後に施行されたとき、そして傷害された手足に限定されたとき最もよく回復する。

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.運動学習


スポンサード・リンク