スポンサード・リンク

( 〃▽〃)運動負荷試験の話


!(^^)!題名:運動負荷試験の話

●目的

身体ストレスに対する生理的反応を見るものであり、その目的は①診断と②機能評価に大別される。虚血性心疾患の診断や治療効果を判定することを主要な目的としていたが、運動耐容能を評価する目的でも広く行われている。単なる心疾患の診断にとどまらず、適切な運動許容量の指導や運動療法にあたっての運動処方を行うためには、心肺運動負荷試験は不可欠なものとなっている。

 

●方法

自転車エルゴメーター、トレッドミルなどを用いて行う。通常、負荷の様式としては数分ごとに負荷量を増加させる多段階的漸増負荷法が行われることが多い。そのほか嫌気性代謝域値を測定し運動耐容能を評価するために、連続的に負荷量を漸増し換気応答や心拍数が直線的に変化するランプ負荷がある。どのような負荷方法、様式を用いるにしても安全性が考慮されなければならず、負荷に先立ち医学的な評価を行い運動負荷試験の適応と禁忌について十分考慮すると同時に、負荷中は中止徴候(end point)の出現の有無について慎重に観察しなければならない。

 

生体への生理的負荷試験である運動は、安静時に認められない心血管機能の異常を検出し、心機能が適正かどうかを判断するのに有用である。循環器領域で行われる運動負荷試験は、自覚症状の発現、心電図変化や血圧変動を主な観察項目とし、潜在性心疾患の検出や心筋虚血誘発を目的として行われている。最近では心不全患者の予後推定指標としてPeakVO2が最も有力であるとされ、心臓移植の候補者選定にも用いられる様になり、心肺運動負荷試験の重要性が認識されるようになった。

(^◇^)参考文献

医療学習レポート.運動負荷試験


スポンサード・リンク