スポンサード・リンク

( 〃▽〃)鼠径ヘルニアの話


「鼠径ヘルニア」の画像検索結果

ヘルニアとは

 体腔の中の臓器が本来あるべき腔所から、それを容れている筋層と筋膜層を貫いて、被膜をかぶったまま突出してくる状態をさす。
ヘルニアの三要素は、①ヘルニア門(筋膜層、腹壁の間隙)、②ヘルニア嚢(ヘルニア内容を包む脱出被膜)、③ヘルニア内容(腹腔内から脱出する臓器あるいは組織)である。
分類はヘルニア門の部位により呼び方が異なり、鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、腹壁ヘルニアがその主なものである。また脱出した状態により還納性ヘルニア(ヘルニア嚢に脱出したヘルニア内容を腹圧除去、用手整復などで還納できるもの)、嵌頓ヘルニア(非還納性ヘルニアでヘルニア内容の血行障害を伴わないもの)、絞扼ヘルニア(嵌頓したヘルニア内容が血行障害を伴うもの)の分類がある。ヘルニアの80%は鼠径部のヘルニアであり、性差は男性が女性の5倍、左右差では右、左、両側の順で多い。

病態アセスメント

 ヘルニア発症の最大の要因は持続する腹圧上昇や、周辺組織の弱体化であり、重労働、結腸癌、前立腺肥大、腹水、閉塞性肺疾患、肥満に加令が誘因となる。すなわち中高年男性に多い疾患である。中にはヘルニアバンドを着用し続ける患者もあるが、高齢化社会の進む中、老後生活を積極的に送るうえで、手術を受ける患者が多くなっている。

症状

 普通は無症状かあっても軽いもので、自覚的には鼠径部、陰嚢部付近に出没性の膨瘤ときに局所の疼痛、不快感がある。嵌頓ヘルニアではヘルニア内容が腸管である場合は腸閉塞、悪心、嘔吐、腹痛を認め、絞扼が起こるとヘルニア頚部で静脈還流が阻害され、血栓形成、組織壊死へ陥り局所の疼痛が増強する。放置することにより腹膜炎、膿瘍形成、敗血症へと進展する。

検査

  • 身体所見
  • CTスキャン
  • 超音波検査
  • 立位腹部単純X線写真
  • 血算一式および生化学検査

治療

 1.手術療法

その適応は、成人の鼠径ヘルニアに自然治癒はないので診断がつきしだいとなる。最も確実で安全といえる。原則は、ヘルニア内容の処置、ヘルニア嚢の結紮・切除、ヘルニア門の縫合・補強である。

 2.保存的療法

徒手還納(taxis)

嵌頓仕手から6時間以内ではっきりした絞扼症状あるいは発熱、白血球増加がなければ試みる。整復できなければ緊急手術の対象、整復できても根治術を行なう方が再発率が低い。

ヘルニアバンド(truss)

正しく着用しなければ絞扼の危険性を増したり、根治術を妨げる。

術後の経過と管理

 手術は腰椎麻酔で行なわれる。そのため腰椎麻酔術後の看護に準ずることになる。腹腔鏡下で行なわれる場合は、全身麻酔となるが侵襲の少ない手術とされている。

 1.疼痛の管理

術後疼痛については個人差はあるが、腹圧上昇による再脱出を防ぐ意味でも鎮痛剤を用いて鎮痛をはかる。

 2.創部の管理

局所の安静のため咳嗽時や離床時は創部を押さえて再脱出を防ぐ。高齢者などリスクの高い患者は特に注意する。

術後合併症

 1.後出血・血腫

手術直後から48時間以内におこりその症状は皮下出血でわかることがある。

 2.感染・縫合不全

術後3~10日にみられ発熱等の炎症所見にヘルニアの再脱出をみることがある。

 3.膀胱損傷・腸管損傷

術中操作によるが、発症率は低い。

標準看護計画(術前)

Ⅰ.病態アセスメント(術前)

 ヘルニア患者のほとんどは自覚症状がないが、ヘルニア内容の嵌頓、絞扼により症状が悪化し、緊急手術も必要となることを念頭におく。術前から腹圧を高めない生活行動を説明する必要がある。

看護計画(術後)

Ⅰ.病態アセスメント(術後)

 術後の合併症として血腫、感染に伴う縫合不全、再ヘルニアがあげられる。腰椎麻酔にしろ、全身麻酔にしろ侵襲の小さい手術のひとつである。再ヘルニアを予防するため、術後も生活行動に注意を必要とする。

「鼠径ヘルニア」の画像検索結果


スポンサード・リンク