スポンサード・リンク

( 〃▽〃)鼻炎と薬剤の話


(--〆)題名:鼻炎と薬剤の話

●抗ヒスタミン剤

即効性があり、ひどいくしゃみや鼻水にも、よく効きます。

ただし人によっては”眠気”が出るかも知れないので、車の運転前の服用はオススメしません。

抗ヒスタミン剤には、第一世代と第二世代のものがあります。

 

第一世代の抗ヒスタミン薬

・抗ヒスタミン作用のみで抗アレルギー作用はありません。

・即効性があるが、副作用として強い眠気を誘うので、運転前の服用は避けてください。

 

第二世代の抗ヒスタミン薬

・抗ヒスタミン作用と抗アレルギー作用の両方を持ちます。

・抗ヒスタミン作用は早く現れるが、抗アレルギー作用は効果が出てくるまで約二週間かかるのが特徴です。

・第一世代のものと比べて副作用が少ないのが特徴です。眠気もあまり出ません。

 

●抗アレルギー剤

くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効き、眠気を誘わないのが特徴です。

しかし効きが少し遅く、約2週間後に効果が発揮されます。

予防薬ともいわれ、現在多くの種類があります。

 

●ステロイド点鼻薬 鼻粘膜の浮腫を抑え、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに効果を示します。

鼻内に噴霧しますので、副作用もほとんど問題ありません。

 

●抗アレルギー剤の点鼻薬 症状が比較的軽い人に適している薬です。

経口薬では眠気が強く出る人など様々なタイプの人に使われます。

 

●血管収縮点鼻薬 血管を収縮させ鼻づまりをなくす薬です。

長期間使用すると、かえって鼻づまりがひどくなる場合があるので、使用は短期間に留めてください。

手術でアレルギー性鼻炎を治療する アレルギー性鼻炎の治療は、鼻炎薬で治すのが一般的ですが、まれに鼻の粘膜が薬で治らないような変化を起こした場合などの時に、手術で治す方法があります。

手術としては、レーザー治療、高周波電気凝固、ラジオ波凝固、科学的粘膜焼灼術などがあります。

これらは、アレルギー性鼻炎の主な病変部位であるところを焼き、アレルギー反応を抑えることを目的とします。

(p_-)参考文献

医療学習レポート.鼻炎と薬剤


スポンサード・リンク