スポンサード・リンク

(〃^ー^〃)筋緊張検査の話


(*´▽`*)題名:筋緊張検査の話

A.筋緊張検査総論

1.筋緊張(muscle tonus)の定義

安静時における筋の緊張状態

①安静時筋緊張

②姿勢・体位性筋緊張

③運動時筋緊張

 

2.筋緊張の異常

(1)筋緊張の亢進(hypertonicity)

A.痙性(spasticity):

・関節を他動的に速く動かそうとするほど伸張された筋の収縮抵抗が増す(相動性伸張反射亢進状態)

・上肢では屈筋優位、下肢では伸筋優位

・錐体路障害によって出現

B.固縮(rigidity):

・他動運動速度に依存せず一定の筋収縮抵抗を示す(緊張性伸張反射亢進状態)

・錐体外路障害によって出現

 

(2)筋緊張の低下(hypotonicity)

・筋の収縮抵抗・硬度が低下した状態

・下位運動ニューロン障害、小脳疾患、脊髄癆、脳卒中片麻痺の初期に出現

 

(3)評価尺度

①軽度

②中等度

③重度

 

B.筋緊張検査各論

1.安静時筋緊張

A.筋の形態上の変化

視診によっておこなう.筋緊張の異常があれば筋腱のレリーフが変化する

①筋緊張の亢進:筋腱のレリーフが明瞭になり皮下に盛り上がって見えることもある

②筋緊張の低下:レリーフを失って平坦になったり自体の重さで垂れ下がって見える(偽萎縮)

*筋萎縮との違い:筋塊を寄せてみた時の筋のボリュームで判別可能

B.筋の硬さ

触診によっておこなう.亢進すれば硬くなり、低下すれば柔らかくなる

C.伸展性検査

筋を他動的にゆっくりと伸展させた時に、その最高点に達する伸展の度合(可動域)を診る

①筋緊張の亢進:伸展時に抵抗を感じ、伸展度も正常より小さい

②筋緊張の低下:過伸展性を示す

D.被動性検査

筋を他動的にある程度速く動かし、検者の手に感じる筋の抵抗を知ることによって観察する

①懸振性(振子性)検査

②下腿振子検査  など

 

2.姿勢・体位性筋緊張

休止状態でないある一定の位置におかれた筋が、その新しい位置に適合した筋緊張をもつこと

A.局所姿勢反射(短縮反応・背理性筋収縮・逆説性収縮)

筋の起始部と停止部の2点を受動的に近づけると、弛緩せずに逆説性収縮を起こす

①前脛骨筋:ウェストファル現象(Westphal phenomenon)

②上腕二頭筋

③手伸筋

*固縮の早期診断に有効

B.起立姿勢反射

①Foix-Thevnardの押し試験

②蹲踞試験

③休め姿勢

C.項・頸部筋緊張

①項部硬直(nuchal rigidity)

背臥位で枕を外し、患者の頭部を持ち上げてその時の抵抗を診る

*髄膜刺激症候(項部硬直では前屈時のみの抵抗、固縮では頸部の全ての運動に対し抵抗がある)

②頸部強剛(neck rigidity)

背臥位で閉眼させ患者の頭部を片手で持ち上げて急に離し、落下の様子を診る(頭落下試験).他方の手は

落下する頭を受け止められるようにしておく(固縮があれば頭はゆっくり落下する).

D.緊張性頸反射

①非対称性緊張性頸反射(ATNR)

②対称性緊張性頸反射(STNR)

E.支持反射

Rademaker-Garcinのテーブル傾斜試験

 

3.運動時筋緊張

①測定障害(dysmetria)

②連合反応

(´>ω∂`)参考文献

医療学習レポート.筋緊張検査


スポンサード・リンク