スポンサード・リンク

(〃^ー^〃)脳幹の話


「脳幹」の画像検索結果

<(_ _)>題名:脳幹の話

中脳

間脳と橋の間に位置する。中脳は、中脳蓋(上丘と下丘からなる)、被蓋、大脳脚底の3部に分けられる。被蓋と大脳脚との境には黒い色素を含む黒質がある。上丘は光に対する反射路、下丘は聴覚の中継点、被蓋は無意識の運動と姿勢制御、大脳脚底は基底核と統合して運動制御に関係している。動眼神経核と滑車神経核が中心灰白質の腹側に存在する。

 

中脳と延髄に挟まれた脳幹部で、腹側を橋底部、背側を被蓋という。橋底部には皮質脊髄路線維、皮質延髄路線維などが縦走し、被蓋には脊髄毛帯(前・外側脊髄視床路)や網様体、三叉神経、外転神経、顔面神経、内耳神経といった脳神経が出る部位である。脳幹を経由する多くの伝導路が通過する他、大脳皮質からの運動性出力を橋核、中小脳脚を経由して、小脳へと伝える経路などが存在する

 

延髄

脳幹の最尾部で、小脳の前に位置し、後部表面上部は第四脳室の床部分をなす。頭頸部の感覚や運動に関与する脳神経核や、高位の中枢と感覚あるいは運動の情報を交換する神経路(錐体、内側毛帯、内側縦束、下小脳脚など)および中継核(下オリーブ核、後索核など)を含む。また意識、覚醒あるいは自律神経機能に関与する延髄網様体と呼ばれる構造物も含む。舌因神経、迷走神経、副神経、舌下神経核がや呼吸、嚥下、循環などの中枢が存在する。

「脳幹」の画像検索結果

(@_@;)参考文献

医療学習レポート.脳幹


スポンサード・リンク