スポンサード・リンク

(〃^ー^〃)足部外がえしの話


「足部外がえし」の画像検索結果

足部の外がえし (0~20°)外がえし(外反)とは、足部の回内、外反、背屈が複合した運動である。

 

主動作筋

●長腓骨筋 ●短腓骨筋

補助筋

●長指伸筋 ●第3腓骨筋

 

CPP : 最大背屈位

LPP : 軽度底屈位

 

下腿の痙縮

他動的に形骨を内・外旋すると下腿の痙縮がとれやすい。

 

長腓骨筋

起始:腓骨頭、腓骨体外側面の上半

停止:第1~2中足骨底、内側楔状骨

作用:足の外がえし、足の底屈

神経:浅腓骨神経 L4~S1(S2)

 

短腓骨筋

起始:腓骨外側面、前下腿筋間中隔

停止:第5中足骨粗面

作用:足の外がえし、足の底屈

神経:浅腓骨神経 L4~S1

 

長指伸筋

起始:腓骨体前面、脛骨上端の外側面、

下腿骨間膜の下部、前下腿筋間中隔

停止:第2~5指の中・末節骨

作用:第2~5指の伸展、足の背屈、外がえし

神経:深腓骨神経 L4~S1

 

第3腓骨筋

起始:腓骨の前縁、前下腿筋間中隔の下部

停止:第5中足骨底背側

作用:足の外がえし、背屈

神経:深腓骨神経 L4~S1

 

●固定

①脛骨と腓骨の固定

⇒膝関節の外旋・屈曲、股関節の内旋・内転を防ぐ。

 

●最終域感

①通常の場合

⇒踵骨と足根洞底部の接触による骨性のもの。

②その他

⇒関節包、三角靭帯、内側距踵靭帯、底側踵舟靭帯、踵立方靭帯、背側踵舟靭帯、二分靭帯内側部束、横中足靭帯、立方舟状、楔舟、楔間、楔立方、足根中足、中足間の各関節の背側・底側・骨間の種々の靭帯、後脛骨筋の緊張による結合組織性のもの。

「足部外がえし」の画像検索結果


スポンサード・リンク