スポンサード・リンク

(^〇^)周期性四肢麻痺の話


( ´ ▽ ` )題名:周期性四肢麻痺の話

周期性四肢麻痺は、発作性に弛緩性の四肢筋の麻痺を起こす比較的まれな疾患で、血清のカリウム値によって、低カリウム血性、高カリウム血性、正カリウム血性に分類されている。

低カリウム血性周期性四肢麻痺では、甲状腺機能亢進症、原発性アルドステロン症などに伴うことが多く、発作時の筋細胞膜の静止膜電位の低下が四肢麻痺の原因と考えられている。

一方、ミオトニー(持続性の筋収縮)を伴う家族性高カリウム血性周期性四肢麻痺は、分子遺伝学的研究からナトリウムチャンネルをコードしている遺伝子の点変異によって、ナトリウム電流の部分的な不活化が起こり、これによりミオトニーが生じると考えられている。

また、家族性低カリウム血性周期性四肢麻痺では、筋細胞膜に存在するカルシウムチャネルであるジハイドロピリジン受容体遺伝子の点変異が報告されている。

(*゚∀゚*)参考文献

実習対策レポート.周期性四肢麻痺


スポンサード・リンク