スポンサード・リンク

(^〇^)嚥下の話


(p_-)題名:嚥下の話

食塊や流動物は口腔、咽頭および食道の共同運動により胃に運ばれる。この一連の動作を嚥下という。嚥下は反射的に行われ、反射中枢は延髄、特に舌咽神経が関与する。嚥下は次の3相に分けられる。

①第1相:口腔相

口腔から咽頭までの相で食塊は随意的に舌先を挙上して口腔前部を閉鎖したのち、舌の後方への働きにより咽頭へ押し込まれる。このとき口蓋帆張筋により軟口蓋が挙上し、鼻腔への逆流が阻止され、声門は閉鎖し呼吸は停止する。支配神経は三叉神経、顔面神経及び副神経である。

②第2相:咽頭相

咽頭から食道入口までの相で反射的に行われる(嚥下反射)。嚥下反射は食塊が咽頭粘膜に触れることでおこる。食塊が咽頭に入ると、口蓋帆を引上げ、鼻腔と咽頭の通路を閉鎖、舌底を引上げて口と咽頭との通路を閉鎖、咽頭を引上げて、気道閉鎖が生じる。これらの神経支配は舌咽神経と迷走神経である。

③第3相:食道相

食道は蠕動運動により食塊を胃に送る。食道の上1/4が横紋筋であり、下部は平滑筋である。食道の内層は輪状筋、外層は縦走筋である。支配神経は迷走神経である。

 

摂食・嚥下障害の原因は唇顎口蓋裂(こうがいれつ)などの生まれつきの病気、耳鼻咽喉科手術の術後、脳性麻痺、認知症、脳血管障害、神経筋難病、呼吸器疾患、お薬の影響(例:利尿剤、パーキンソン病治療薬、精神安定剤)、加齢などさまざまです。

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.嚥下


スポンサード・リンク