スポンサード・リンク

《*≧∀≦》急性膵炎の話


「急性膵炎」の画像検索結果

(#^^#)題名:急性膵炎の話

急性膵炎は、なんらかの機序により活性化された膵酵素により、膵組織が自己消化され、膵組織が浮腫あるいは壊死をきたした状態である。

本症の成因として、胆石症、胆道感染、アルコール摂取があげられ、膵障害因子としては、胆汁、十二指腸液、トリプシン、ホスホリパーゼAが重要視されている。

本症は30~50歳代に多く見られ、性比は1.7:1と男性に多い。

急性膵炎の症候は、膵組織壊死の症候と膵浮腫の症候からなる。

膵組織の壊死が起こると、発熱、悪感戦慄を訴え、膵出血によりクレン徴候およびターナー徴候が現れる。

膵液が腹腔内に流出すると腹痛、悪心、嘔吐などの腹膜刺激症状を呈し、また、腸管を麻痺させて、便秘や腹部膨満が起こる。

重症な場合にはショック症状をきたすことがある。

膵浮腫が起こると膵腫瘤を形成し、上腹部腫瘤あるいは抵抗として触れ、十二指腸を圧迫すると、X線検査で十二指腸窓の開大がみられ、総胆管を圧迫すると黄疸を生ずる。

膵浮腫は膵管を周囲から圧迫し、膵管閉塞が起こると、膵管内圧亢進による上腹部疝痛、膵酵素逸脱による血清および尿中アミラーゼ値の上昇および膵液分泌障害が起こる。

膵島が圧迫されると、膵島の萎縮を起こして、インスリン分泌低下により、血糖値は上昇し糖尿をみることがある。

本症の診断は腹痛の性状、腹部所見、血清アミラーゼ値の上昇、超音波検査、CT検査により行う。

浮腫性膵炎の予後は比較的よいが、出血性および壊死性膵炎の予後は悪い。

「急性膵炎」の画像検索結果

( ;∀;)参考文献

医療学習レポート.急性膵炎


スポンサード・リンク