スポンサード・リンク

(*^-^*)くる病の話


((+_+))題名:くる病の話

パソコンに何時間もかじりついている子どもは慢性的なビタミンD不足が原因で足の骨の変形や成長不全を引き起こす「くる病」になるリスクが高まる可能性がある。

最近の子どもは昔と比べて屋外で過ごす時間が少なくなり、代わりにパソコンで遊ぶ時間が増える傾向にあるため、現代っ子のビタミンDのレベルは昔よりも低くなっている言われている。

くる病とは、骨基質の石灰化不全によっておこる病態の総称であり、骨変形と成長障害を主徴とする小児期の代表的骨疾患である。

その原因はカルシウムやリンの低下であり、ビタミンDの作用欠乏や、リン排泄の増加による。

くる病をおこす疾患には、栄養性のものにビタミンD欠乏性くる病、遺伝性のものにビタミンD依存性くる病I型・II型、低リン血症性くる病があり、その他に肝性くる病、腎性くる病、未熟児くる病、薬剤性くる病(抗けいれん薬等)などがある。

 

骨の変形が進行する前に、しっかり予防・治療することが大切。

遺伝以外のくる病の主な原因は栄養不足と日光不足なので、それぞれ意識して予防しましょう。

最近では、皮膚への悪影響を避けるために子どもの沐浴を避ける動きがありますが、最低限の日光は必要。

日常生活レベルの日光は過剰に恐れず、適度な日光浴も大切です。

併せて、カルシウム、リン、ビタミンDを含む食材を積極的に摂りましょう。

(p_-)参考文献

医療学習レポート.くる病


スポンサード・リンク