スポンサード・リンク

( ; ゜Д゜)気管支喘息の話


「気管支喘息」の画像検索結果

(^0_0^)題名:気管支喘息の話

定義は「喘息は慢性の炎症性気道障害で、多くの細胞、特に肥満細胞、好酸球およびTリンパ球が関与している。素因を有する者では、この炎症により喘息、息切れ、胸部圧迫感、および咳の発作が、特に夜間あるいは早朝に繰り返し起こる。これらの症状荷をもなって、通常、広範であるが変動する気流制限がみられ、これは自然にあるいは何らかの治療により少なくとも部分的には可逆的である。気道の炎症はまた、種々の刺激に対する気道過敏性の原因となる。」である。

 

世界的に小児および若年成人における喘息罹患率は上昇しつつある。

小児喘息の罹患率は3~6%で20~30年前に比較すると5~10倍に増えている。

男女比は1.5~2:1で男児に多く、都市化された生活環境で、かつ南の地方ほど罹患率が高い。

発症と年齢については、アトピー型は10歳以下で発症するものが多く、非アトピー型は40歳以降で発症するものが多い。

この中の高年発症喘息は難治性となりやすい。

 

臨床所見:多くは発作性で自然にまた、治療で治まる性質があるので、発作のないときは健常人と変わらない生活を送ることができる人が多い。しかし慢性型の喘息では常に咳、痰、喘鳴がみられる。

喘鳴:呼吸の際聞こえるヒューヒュー、ゼーゼーという音で、本人も周囲の人も聞き取れることが多い。

呼吸困難:軽い発作時は日常生活に支障はないが、歩行時、階段上昇時など労作時に呼吸困難がみられ、さらに重症では安静時にも呼吸困難があり起座呼吸となる。

咳:大多数が咳を訴える。

痰:咳のない場合もあるが、多くの場合、最初少量の粘り気のある痰が出て、次いでさらさらの痰が多量に出て発作が治まる経過をとる。

「気管支喘息」の画像検索結果

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.気管支喘息


スポンサード・リンク