スポンサード・リンク

(|| ゜Д゜)老化と筋肉量減少の話


(~_~メ)題名:老化と筋肉量減少の話

① 運動神経と神経筋接合部の数の減少

② 筋における蛋白合成能の低下

③ 酸化ストレスによるミトコンドリアの損傷

④ 遊離型テストステロン濃度の低下

⑤ 成長ホルモンとインスリン様成長因子濃度の低下

⑥ 炎症性サイトカイン(IL-1,IL-6,TNF-α)の増加

⑦ 必要な蛋白質を含む食事摂取量の低下

 

加齢によって、筋肉組織の量(筋肉量)と筋力が減少する傾向があります。

この過程を筋肉減少症といい、文字通り筋肉の喪失を意味します。

筋肉量の減少は30歳前後から始まり、生涯続きます。75歳までに、筋肉量は一般に若い頃の半分になります。

筋肉量の減少は、おそらく筋肉をあまり使わなくなり、筋肉が縮んでいくために起こります。

また、筋肉の発達を刺激する成長ホルモンとテストステロンの量が減少します。

速筋線維の方が遅筋線維より多く失われるため、筋肉は素早く収縮できなくなります。

ほとんどの高齢者には、必要な作業をするのに十分な筋肉量と筋力があります。

高齢者にも優れた運動能力を維持している人は多くいます。

こうした人々はスポーツで競い合い、元気に運動を楽しんでいます。

しかし、どれほど壮健な人でも、加齢による衰えには気づきます。

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.老化と筋肉量減少


スポンサード・リンク