スポンサード・リンク

( ; ゜Д゜)連続動作と連続性の話


「連続動作と連続性」の画像検索結果

(・_・;)題名:連続動作と連続性の話

1)仰臥位から坐位への運動

Bobath:上半身の回転から始める。大多数では頭と肩が動作の方向へ回転しながら前屈刷ることが観察される。しかし、一方、動作方向と反対側の推進力により動作を開始することがある。この開始動作は運動足の伸展に屈曲動作が先行する。足動作は、頭部・体幹の屈曲とほとんど同時である。動作支点は骨盤である。体幹をベッドの外へ進めるとき、足はベッドサイドへ動く。被験者が足をベッドサイドへ持っていき、座るために骨盤で回転するとき、重心支持側は、対側の屈曲に拡大する。一連の動作中、骨盤は後傾位となる傾向があるが腹筋の強度と制御により変化する。この最終肢位では体幹は坐骨結節・骨盤を超えて体重の移動・前傾姿勢へ再構成される。

臥位から立位へ動作するため、腹筋は動作速度制御とともに体幹の重量を支えなければならない。(Davies 1990)

 

2)坐位から立位への動作

運動開始時の支持基底面は、比較的大きく体が接する椅子表面、椅子を支える床のエリア、そして足の面内・後方を含む。この運動がカギとなる構成要素は、比較的大きな支持基盤から小さな支持基盤の足部への体重移動である。坐位から立位への変換では2つの異なるパターン、運動開始の際の体幹前傾と上方伸展が、多数の研究により明らかになった(Kerr et at 1991)

 

3)歩行

歩行の定義

Rose et al:制御された転倒の連続

Whittle:二本足の使用による移動方法の特徴は、支持と推進力を供給するために、交互に、最低でも片足が接地している。

Galley:高度協調運動で、そのバランスが常に妨害され、引きつづき回復される。

「連続動作と連続性」の画像検索結果

(^_-)参考文献

医療学習レポート.連続動作と連続性


スポンサード・リンク