スポンサード・リンク

(゜▽゜*)ニューロパチーの話


「ニューロパチー」の画像検索結果

末梢神経障害を一括してニューロパチーという。

障害のレベルから、末梢神経レベル・神経叢レベル・神経根レベル・脊髄障害を合併するものに分けられる。

末梢神経レベルの障害ではさらに、単一の末梢神経が障害されるタイプ(単神経炎)・いくつかの単一神経が非系統的に障害されるタイプ(多発性単神経炎)・四肢の末梢優位に左右対称に手袋靴下型の分布を示すタイプ(多発神経炎)に分類される。

この中では多発性神経炎が最も多い。

多発性神経炎または多発性ニューロパチーは、末梢神経の広範な障害により生じる臨床症状の総称で、左右対称性の多くは、遠位優位の運動障害あるいは感覚障害、または両者の混在、自律神経障害の合併がみられる場合があり、感覚障害は表在感覚優位か深部感覚障害優位かに分けられる。

原因は多種多様でウィルス感染後・代謝障害・膠原病・中毒などがある。

アルコール依存症・糖尿病については代謝性多発ニューロパチーによってみられ、それぞれアルコール性ニューロパチー、糖尿病性ニューロパチーと呼ばれる。

ビタミンB12の欠乏では栄養欠乏状態に伴うニューロパチーで神経炎となる場合がある。

悪性腫瘍は炎症性・アレルギー性多発性ニューロパチーの中に含まれ、多発ニューロパチーがある。

「ニューロパチー」の画像検索結果


スポンサード・リンク