スポンサード・リンク

(゜▽゜*)脳実質内と出血の話


(^_-)題名:脳実質内と出血の話

脳実質内の出血は種々の原因でおこるが、その中で頻度も多く重要なものは、高血圧性脳出血である。そのほか、嚢状動脈瘤破裂、脳動脈奇形の破綻、外傷、血液疾患、動脈炎、老人ではアミロイドアンギオパチーなども原因になりうる。

被殻出血:最も頻度の多いものである。血腫は隣接する内包を障害する。片麻痺は痙性であるが、内包後脚が完全に破壊されると弛緩性となる。共同偏視、感覚障害、同名性半盲、優位半球出血では失語を認める。予後は良好。

視床出血:内包の内側に位置する視床の出血である。片麻痺、感覚障害、しばしば病巣側の縮瞳、意識障害例では眼球が下方に共同偏視したり両側縮瞳、対光反射消失を認めることがある。

橋出血:典型例では数分で昏睡に陥り、四肢麻痺、徐脳硬直を呈する。著しい縮瞳を示すが、対光反射は保持される。

小脳出血:激しい嘔吐、後頭部痛、回転性めまいなどで発症。発症時には意識障害はなく、四肢に麻痺はないのに起立、歩行が著明に障害されることが特徴。

皮質下出血:片麻痺、半身感覚障害、異常言動、失語など出血部位に応じた症候や、意識障害などを呈してくる。

((+_+))参考文献

医療学習レポート.脳実質内と出血


スポンサード・リンク