スポンサード・リンク

(゜▽゜*)関節と分類の話


(*´з`)題名:関節と分類の話

Ⅰ.関節面の形状とその運動様式による分類

球関節、臼状関節、蝶番関節、車軸関節、顆状関節、鞍関節、平面関節、半関節、楕円関節、らせん関節からなる。

Ⅱ.関節の運動軸による分類

一軸性関節、二軸性関節、多軸性関節に分けられる。

Ⅲ.関節をつくる骨の数による分類

単関節、複関節がある。

 

【Ⅰ】

球関節

関節頭が球状(厳密には、ほぼ半球状)で、関節窩は比較的浅く、きわめて自由に動く。

(例:肩関節、腕橈関節、中足指節関節)

臼状関節

球関節の一種である。関節窩が特に深く、関節頭の半分(3/4)以上を収める。運動方向は球関節と同様、すべての方向に自由に動く。

(例:股関節)

蝶番関節

運動軸は骨の長軸に直角で、一方向だけの運動が行われる。

関節面には隆線や溝がつけられていて、回転運動中の横すべりを防止している。

(例:膝関節、腕尺関節、指節間関節)

車軸関節

関節頭はその周縁のみに関節面をもち、その関節面の形に応じて関節窩も凹んでいる。その関節窩の中を関節頭が車輪状に回転する。

(例:上・下橈尺関節、正中環軸関節)

顆状関節(楕円関節)

関節頭は球状ではなく、一方向に伸びた楕円形の凸面で、関節窩もこれに応じて楕円形の凹面をなすもの。関節頭の長短両軸のまわりに動く。

(例:橈骨手根関節、中手指節関節、環椎後頭関節、顎関節、距骨下関節)

鞍関節

相対する関節面が、鞍を背中合わせにしたような形で適合している。

一方が縦径に凹み・横径に凸であれば、他方は縦径に凸・横径に凹みである。

(例:母指の手根中手関節、胸鎖関節)

平面関節

相対する関節面の形状および大きさがほぼ同じで、平面をなすもの。狭い関節包と靱帯で包まれ、運動は著しく制限される。

(例:椎間関節、肩鎖関節、手根間関節、足根間関節)

半関節

平面関節の一種で、関節面が平面ではなく、しかも関節面がよく適合するために、運動範囲は平面関節よりもさらに小さい。

(例:仙腸関節、中足間関節)

らせん関節

蝶番関節の変形とみるべきもので、節面は一方が隆起し、他方が溝となる。運動方向は骨の長軸と直角ではなく、鋭角で交わり、運動はらせん状となる。

(例:距腿関節)

 

【Ⅱ】

一軸性関節

運動軸が一つであり、一つの面だけで運動が可能な関節である。

(例:蝶番関節、車軸関節、らせん関節)

二軸性関節

二つの運動軸をもち、二つの面で運動が起こる。二つを組み合わせると分回し運動が可能な関節である。

(例:顆状関節、鞍関節)

多軸性関節

運動の面と軸が無数にあり、あらゆる方向への運動が可能な関節である。

(例:球関節、臼状関節、平面関節、半関節)

 

【Ⅲ】

単関節:二個の骨よりできる関節

複関節:三個以上の骨よりできる関節

“(-“”-)”参考文献

医療学習レポート.関節と分類


スポンサード・リンク