スポンサード・リンク

(゜〇゜;)アセチルコリンの話


(//∇//)題名:アセチルコリンの話

運動神経が骨格筋に接続する部を神経筋接合部という。

神経筋接合部および自律神経節のほか、中枢神経で伝達物質がアセチルコリンであることが確立しているのは運動ニューロンの反回軸索側枝だけであるが、中枢神経内にはアセチルコリン合成酵素を多量に含んでいる。

アセチルコリンを作用させると興奮するような部位はところどころにある。

例えばアセチルコリンを高濃度に示すニューロンの細胞体は主として網様体にあり、その軸索は視床下部、視床、視覚経路、大脳基底核、海馬と新皮質を含む前脳の全領域に放散している。

 

アセチルコリンは、食事から摂取されたコリンという物質から作られるのでコリンをたくさん含んでいるレシチンを摂取することが大切です。

レシチンは大豆や卵黄に多く含まれているので納豆と卵を混ぜてご飯にかけて食べれば摂取にかんしては問題ないかと思います。

レシチンを摂取し、アセチルコリンの量が脳内で高まると集中力が増し、記憶力もアップします。

反対に脳内のアセチルコリンの量が低くなると集中力や記憶力が低下することが確認されています。

m(_ _)m参考文献

医療学習レポート.アセチルコリン


スポンサード・リンク