スポンサード・リンク

(゜ロ゜)パーキンソン病の話


「パーキンソン病」の画像検索結果

(・_・;)題名:パーキンソン病の話

 中高年の男女に発症する進行性の神経変性疾患であり、神経難病の一つとして厚生省特定疾患に指定されている。病態として不明な点もあるが、中脳の黒質病変のためドーパミンの産生が減少し、それより中枢側の神経系の機能障害が起こる。内科的薬物療法によってADLも比較的よい状態が長期に維持できる。また類似の症状をきたすパーキンソン症候群との鑑別が必要である。

症状

 運動症状、自律神経症状、精神症状があり、4大主徴は筋固縮、無動、振戦、姿勢反射障害である。通常一側性で始まり、数年以内に両側性に移行する。緩徐進行性である。
Yahrの重症度分類(Ⅰ度~Ⅴ度)と生活機能障害度(Ⅰ度~Ⅲ度)は治療や予後の判定に用いられる。

 1.運動症状

 筋固縮(歯車様)、無動(仮面様顔貌、小刻み歩行、すくみ足、小声、書字障害)、静止時振戦(丸薬丸め運動)、姿勢障害(前傾前屈姿勢、斜め徴候、転倒傾向、突進現象)

 2.自律神経症状

 起立性低血圧、便秘・排尿障害、脂漏、流涎、インポテンツ

 3.精神症状

 抑鬱、幻覚・妄想、痴呆

検査

  • MRI
  • 脳血流SPECT
  • 脳波
  • 血液検査
  • 自律神経機能検査
  • 痴呆検査(長谷川式スケール)

治療

 通常は、薬物療法を主体とし運動療法を平行して行う。治療の基本は、治療薬をできるだけ低用量とし、長期にわたる治療に伴う副作用を避けることである。また、QOLを少しでも高め、合併症を予防することに重点がおかれる。

 1.薬物療法

1)ドーパミン前駆薬(ネオドパストン、メネシット)

2)ドーパミン作動薬(パーロデル、ペルマックス、ドミン、シンメトレル)

3)抗コリン薬(アーテン)

4)ノルアドレナリン前駆薬(ドプス)

5)補助治療薬(筋弛緩剤、精神安定剤、脳代謝改善剤、精神賦活剤)

 2.運動療法

1)理学療法

2)作業療法

 3.外科療法(脳定位固定手術)

適応は片側性で薬物療法抵抗性の振戦を主体とする

経過と管理

 パーキンソン病は、手がふるえる、つまずきやすい、動作が緩慢になる、疲れる等の症状で始まることが多く、治療は主に外来通院で行われる。徐々に歩行困難、構音障害、嚥下障害、排尿障害等が現れ、ADLが低下すると在宅療養が不可能となり、投薬の再考のため入院となる。薬物療法が効果的に行われるために、服薬の管理と指導を行い、症状の観察および治療薬の副作用は出ていないか観察する。また、合併症の予防と闘病意欲を維持できるよう精神的に支援していくことも重要である。

 1.治療薬の副作用

1)消化器症状: 胃部不快感、嘔気、食欲不振、便秘

2)不眠

3)振戦以外の不随意運動

4)wearing-off現象: 効果持続時間が短縮してくるために起こる、症状の日内変動

5)on-off現象: スイッチが入ったり切れたりするように動作が円滑になったり(on)、急に動けなくなったり(off)すること

6)精神症状: 幻覚・妄想、うつ傾向などが現れる

7)悪性症候群: 急に休薬した時に高熱、重症の筋固縮、意識障害、高CPK血症が出現することがある

 2.合併症

肺炎、尿路感染、褥瘡、骨折などがある。

合併症治療が主になっているとき、薬の服用ができなかったりすることによりパーキンソン病の症状が悪化することがある。

 3.心理面

病気が進行していくことや、薬を生涯服用しなければならないことを不安に思っていることが多い。

また、症状の増悪により思考や感情の閉塞がもたらされると同時に、動くことへのこだわりがみられやすい。

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 運動障害、自律神経障害、精神障害は徐々に進行していくため、長期にわたる観察が必要である。投薬により症状は改善されるが、副作用の出現や休薬でADLが低下することもあるので注意する。またADLを維持するために積極的に動くよう指導することも重要である。

「パーキンソン病」の画像検索結果

(~_~;)参考文献

医療学習レポート.パーキンソン病


スポンサード・リンク