スポンサード・リンク

(゜ロ゜)甲状腺機能亢進症の話


「甲状腺機能亢進症」の画像検索結果

甲状腺で過剰に甲状腺ホルモンが生成され、それが血中に分泌されることにより体内の代謝が亢進し、いろいろな臨床症状が生じた状態である。この疾患は糖尿病についで多く、女性は男性の4~5倍かかりやすく、思春期・妊娠時・更年期に多発し、夏季に増悪することが多い。甲状腺機能亢進症を生じる疾患のうち、我が国ではバセドウ病がその90%以上を占める。合併症としてはクリーゼ、悪性眼球突出症、甲状腺中毒症ミオパチー、甲状腺中毒性四肢麻痺、眼球麻痺、重症筋無力症、糖尿病がある。

病態アセスメント

 適切な医療管理が行われていれば、甲状腺疾患は健康人とほとんど変わることのない生活を送ることができる。しかし治療しても治りにくいのも事実である。その治療は長時間を要することが多く経過も長い。患者がこうした疾患の性質を理解して治療を受け入れ継続するよう支援しなければならない。患者を支えるサポートシステムが確立されていることも治療継続に影響を及ぼすため重要である。

症状

 思春期から中年の女性に多い。主症状として眼球突出、甲状腺腫、心悸亢進があげられ、これをメルゼブルグの3主徴とよんでいる。このほか情緒不安定、手指に振戦、食欲亢進,体重減少、多汗、脱力、発汗、不眠、無月経があげられる。

検査

  • 放射性ヨード摂取率
  • 血中甲状腺ホルモン濃度(T3、T4)
  • 頸部・胸部X線
  • 甲状腺エコー
  • 甲状腺シンチグラフィー

治療

 1.薬物療法

1)抗甲状腺治療剤:

メルカゾール等、確実な内服が大切

2)パルス療法:

ソルメドール(合成副腎皮質ホルモン剤)この治療は集中的に行れるため治療期間は副作用(潰瘍など)の可能性は高いが、治療後においてまで持続することは少ない。

 2.放射線療法:

I-131による内部照射

 3.手術療法:

全身コントロールとして手術前ルゴールブロック、β遮断薬、ステロイドホルモン剤使用、抗甲状腺剤により基礎代謝率を正常に近づけてから手術へ

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 少しの活動でもエネルギーの消費が激しいため全身倦怠感が強く、食摂取してもほとんどが熱エネルギーにかえられるため体重減少、発汗も著しいことから、身体に必要な栄養分,水分不足となりやすく注意が必要。体力保持のためエネルギー消費を最小限にするような日常生活行動も大切となってくる。精神的に集中力の欠落や怒りっぽくなったり情緒の不安定となるため人間関係を保てなくなったり、外見上の変化(甲状腺腫、眼球突出、痩せなど)に対し悩みを持つことが多くサポート状況の把握、確立が必要である。上記に示すような症状は寛解や増悪を繰り返すこともあり、特に外傷、感染、妊娠、手術ストレスなど加わることで状態が悪化し甲状腺クリーゼを併発する可能性もあるため早期発見ができるための観察力が重要となる。

「甲状腺機能亢進症」の画像検索結果


スポンサード・リンク