(゜ロ゜)11月13日水曜日の日記

(~_~)meal(~_~)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、おにぎりを食べました。

晩ごはんは、お魚を食べました。

 

(~o~)event(~o~)

今日は残業デーですが交代してもらいました。

体調不良が著明になってきました。

朝の準備を済ませると、電動自転車にて出勤しました。

午前は病棟で働き、午後は外回りを行いました。

帰宅時には咳が出ます。

明日は体調崩さなければいいな。

 

(´・д・`)health(´・д・`)

ついに体調崩しました。

 

(((・・;)study(((・・;)

今日は、新生児の股関節について勉強しよう。

新生児の股関節はいくつかの特性があり、以下の特性により正常でも新生児の股関節は成人と比較すると非常に不安定です。

成人と同じく内転・外旋で脱臼しやすいです。

股関節は骨よりもむしろ多くの軟骨でできています。

軟骨性の臼蓋と関節唇の光顕的複合体をリンブスといいます。

これは先天性股関節脱臼においては非常に厄介な障害物となります。

股関節は成人に比べ、非常に浅く包み込まれています。

新生児の大腿骨頸部は上前方に非常に傾斜しており、頸体角は145°をなし、前捻角は40°をなします。

臼蓋は水平面に対して非常に傾いており、新生児でのTE角は男児20~25°、女児では25°~30°です。

 

(o^O^o)count(o^O^o)

日記239日目です。