スポンサード・リンク

(゜ロ゜;ノ)ノ摂食障害の話


(´・ω・`)題名:摂食障害の話

摂食障害とは

 臨床で問題となることが最も多いのは神経性食思不振症と大食症である。神経性食思不振症は痩せ願望、成人することへの拒否、成長モデルのもてなさの反映などに基づいて意図的に不食行動をとり、著明な体重減少をきたす疾患で、若年の女性に好発する。患者は、自分の痩せ方を客観的に評価できず、現実以上に太っていると思い込む傾向がある。はじめは不食として発症するが、過食、隠れ食い、盗食といったさまざまな食行動異常がみられる。過食した直後に嘔吐したり、下剤・利尿剤などを乱用することもよくある。

病態アセスメント

 身体と精神の双方に障害が生じる疾患であるだけに、食べることにこだわらされるが、そのことにこだわらない対応の工夫が求められる。成因としては家族病理、特に母子関係の障害による自立の困難、思春期における精神・生理的変化、社会文化の影響などが考えられる。患者だけでなく、患者を取り巻く環境にも目を向ける必要がある。

症状

身体症状

著明なるいそう、無月経、便秘、皮膚の乾燥、低カリウム血症、基礎代謝の低下、低血圧、徐脈、CT上可逆性の脳萎縮

精神症状

身体症状に関わらず異常に高い活動性(勉学・仕事に極めて熱心)

性格変化(自己中心的、負けず嫌い、自尊心が強い、周囲に対して敏感、金銭・食物への執着が強い)

食行動の異常

食事量の極端な減少、カロリーの低いものばかり選んで食べる、一人食い、盗み食い、隠れ食い、過食後の自己誘発嘔吐、下剤・利尿剤の乱用

検査

  • 生化学、血液一般検査
  • CTスキャン
  • MRI
  • EEG
  • SPECT
  • ECG
  • 心理検査:主にロールシャッハ、MMPIなど

治療

 1.精神療法:ボディイメージの障害、認知の歪み、治療継続に伴うストレスなどに対して用いる

 2.身体療法: 必要に応じて鼻腔栄養や血管からの栄養補給や中心静脈栄養を用いる

 3.薬物療法: 合併する精神症状に抗精神病薬、抗うつ薬・抗不安薬を適宜併用

 4.行動制限療法:不適応な問題行動を除去または減弱させて、適応行動を促し強化するために用いる

経過と管理

 身体と精神に障害が生じるため一般に予後は不良で、栄養低下のため死亡する例もある。約半数は自然治癒や治療による軽快が望める。るいそうへの希求を表面あるいは内面に保ちながらも社会生活を送れる例もある。しかし、“食”に対する強力なこだわりに基づく行動、性格変化が高度となるため日常生活や社会生活が営めなくなる例も多い。過食を伴う場合は特に予後はよくない。

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 自発的な摂食制限や不食状態の時は、食事摂取状況と身体状況を把握し、栄養状態が悪ければ栄養を補給する。その時、食べることは強要しないで食事や体重へのこだわりを軽減するように関わる。また食べることや体重増加に対する強い不安に対しては、看護者も一緒に考えてくれるのだということを分かってもらい少しでも不安を軽減する。患者は依存対象が決められない不安や見捨てられるのではないかという不安から心理機制が働いていることが多い。このため、患者の言動や行動に振り回されたり巻き込まれたりする危険性があるので対応を統一していく必要がある。

(^◇^)参考文献

医療学習レポート.摂食障害


スポンサード・リンク