スポンサード・リンク

(^-^ゞ8月22日木曜日の日記

(^.^)meal(^.^)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、ハヤシライスを食べました。

晩ごはんは、ビックリドンキーでハンバーグカレーを食べました。

 

(/–)/event(/–)/

今日は非常勤の仕事をします。

朝の準備を済ませると、車で出発しました。

先週は台風でしたが、今日は快晴暑いです。

2件の訪問を済ませると、家で昼ごはんを食べました。

夜は遊園地の花火大会に行く予定でしたが、色々と考慮して家の前で花火をしました。

家でゆっくり子供達と遊べて良かったです。

子供達とお風呂へ入って寝ました。

 

(o^O^o)health(o^O^o)

花火大会は帰宅時間が問題です。

 

(´ω`)study(´ω`)

今日は、心音について勉強しよう。

Ⅰ音は、収縮期の初めに聞こえる低く鈍い音で、房室弁の閉鎖、左心室から大動脈に大量の血液が流れたための大動脈壁の振動、心室筋が収縮開始したための振動などが原因と考えられます。

心尖部でよく聞こえます。

Ⅱ音は、収縮期の終わりに聞かれる高いピッチの短い音で、心基部(第Ⅱ肋間胸骨縁)でよく聞こえます。

大動脈と肺動脈の半月弁が閉じる時に生じる音で、血管壁にあたった血液や心臓側に戻る血液による血管や弁の振動が原因です。

Ⅰ音からⅡ音の間の間隔がⅡ音からⅠ音の間に比べ短いです。

Ⅲ音は、小児、胸壁の薄い人、運動時などの血流速度が早くなった時に聞こえるが、通常聞こえないことが多いです。

Ⅱ音の0.1~0.2秒後に聞こえる音で、心房から心室へ血液流入で生じる音と考えられます。

雑音の音源となるのは、主に心臓内で、血液を一方通行させる為にある弁の閉まりが悪くておこる逆流や、硬く狭くなった弁を無理に通過しようとした時の血流や、壁に穴が開いていてそこを通過する異常血流などです。

また、心臓を包む心膜という薄い膜に何らかの原因で炎症がおき起こる雑音もあり、これは心臓の外で発生する音です。

 

( ̄^ ̄)count( ̄^ ̄)

日記156日目です。

スポンサード・リンク