スポンサード・リンク

(‘-‘*)クループと看護計画の話


(^O^)題名:クループと看護計画の話

 喉頭および気管の感染による急性喉頭炎の中で、声門下浮腫から濃い分泌物による上気道閉塞を伴う呼吸困難の著明なもの、すなわち閉塞性喉頭炎である。喉頭および気管のジフテリア菌感染によるものを真性クループ、パラインフルエンザなどその他の病原体感染によるものを仮性クループと呼ぶ。ウイルス性クループの大多数は3ヶ月~3歳の間に罹患する。一方、インフルエンザやジフテリアによるものは3~7歳に最も多い。そして発生率には季節性があり、晩秋と初冬に高く、約4分の1の患児には軽い上気道感染が先行している。発生年齢は3か月~3歳の範囲で、ピークは9~18か月、患児の5%に再発がみられる。重大な気道閉塞は20人に1人の患児にみられる。

 治療は対症的なものとなるが、重症の場合は、呼吸停止を引き起こす可能性があり、気管内挿管、気管切開の準備も怠ってはいけない。

●症状

 クループは感冒様の症状に続いて、嗄声、遠吠え様咳嗽(動物の吠える声のような深い咳)、吸気性の喘鳴がみられる。呼吸困難のため陥没呼吸や鼻翼呼吸がみられ、特に夜間になると呼吸困難が増悪する傾向がある。

●検査

 血液一般検査、動脈血ガス分析、咽頭培養、頚部正面・側面2方向X線、胸部X線

●治療

1.吸入療法

気道の浮腫の軽減を目的として30分~4時間ごとに吸入する。吸入の際には低酸素血症の増悪、吸入後の呼吸困難の再燃などに注意し、低酸素血症が認められる場合には、酸素を用いて吸入する。

2.加湿

気道に十分な湿度を与えるため、超音波ネプライザーやインスピロン等による加湿を行う。

3.補液

脱水状態の改善と急激な気道狭窄の悪化に備えるため補液を行う。

4.ステロイドの投与

気道の浮腫軽減の目的で投与

5.酸素療法

臨床的にチアノーゼを認める場合はもちろんのこと、低酸素血症が認められる場合には十分な酸素投与を行う。

6.抗生剤の投与

7.気管内挿管や気管切開

気道の浮腫がなく、重症の場合に行う。

●経過と管理

進行度によって異なるが、通常は3~4日で軽快し、多くの予後は良好である。しかし、適切な治療が行わなければ、急激に気道閉塞が進行し、低酸素脳症による後遺症を残すことがある。治療は対症的なものとなるが、重症の場合は呼吸停止を引き起こすことを考え、気管内挿管、気管切開の準備も怠ってはいけない。適切な治療の開始が予後を左右するため、注意深い観察が必要である。

●看護計画

 クループは、しばしば乳幼児の呼吸困難の原因になる。呼吸困難は、吸気性で喘鳴を伴っており、エピネフリンの吸入にて軽快することもあるが、呼吸困難の強い時は気管内挿管や気管切開が必要となる場合があるため、患児の状態を適確に把握する必要がある。そのような呼吸困難という生命に危険をもたらす状態は、看護において最大の問題となってくるため、危機的状態にある患児とその家族の心理的側面や社会的側面に配慮した援助が必要である。

(*゚▽゚*)参考文献

医療学習レポート.クループと看護計画


スポンサード・リンク